投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅40~クラヨーバ対ガラツィ

2月17日(土)

初のルーマニアリーグ観戦は
クラヨーバ対ガラツィ。

本来はガラツィのホーム開催のはずでしたが
直前にスケジュールを見たら
急遽、クラヨーバへ変更になってたー。

首都ブカレストを挟み逆方向にホームを持つ両チーム。
次の試合へ向かう移動の関係で
変更になったらしいのですが、
その会場変更に気が付いたのが一週間前…。
こういう突然の変更があるなんて
前代未聞のことだったので、
無事にクラヨーバへたどり着いたことでも
もう十分な達成感を得られていました。

会場の中に入ると空席だらけ…

ルーマニアの上位チーム同士の戦い。
注目が集まるはずのカードなのに
この集客は。。。

イタリアだったらペルージャ対ルーベのように
事前にケット完売しそうなものなのですが、
ルーマニアではこの通り。
男子バレー人気を物語っている景色でした。

この戦いを狙ってやってきた理由…
それはセルビア代表リベロ対決が見たかったから。

長年代表を支えているロシッチはクラヨーバに。
そして、ここ最近スタメンを任されている
マイストロビッチはガラツィに。
新旧セルビアリベロ対決、
さて、どっちが守り抜けるか…!?

と期待していたら、
マイストロビッチのユニが・・・
ん…?みんなと同じ色…
リベロじゃない!?

確かシーズン開幕当初はリベロとして
出ていたはずなのに…
いつの間に!?

まぁ、確かに元々サイドの選手だから
こういう使い方もありなのか…
ちょっと残念な思いですが、
でも、どんな攻撃をするのかは
興味ないことはありません。

セルビア代表、ポーランド、フランスと見てきて
3シーズン目で初めて彼のスパイクを
まじまじと見させてもらいました。

ガラツィにはもう一人セルビア選手が在籍。
二コラ・コバチェビッチ。
コバチェビッチと言えば今やウロシュの時代だけど、
二コラも本当に素晴らしい選手!
代表を抜けた後、こうやって
クラブチームでしか見られない今、
この戦いを楽しみにしてきた私。
なのに…なんと、怪我をしているようで
今回は控えに。

マイストロビッチ、二コラ共に
私の思い描く理想のスタメンでの試合は
叶いませんでした。
(マイストロビッチは途中ちょっと出たけど…)

しかし、クラヨーバのロシッチは魅せてくれます。

代表でも安心感のある守備はここでも健在。
そして、兄貴的立場でチームに声かけ
まとめている感じが伝わってくる!

代表の時とは違うメンバーと
一味違ったコート上での関わり方がとても新鮮。
その選手の違う顔を見られて
その選手をさらに深く知られたような気分になり
嬉しくなるのでした。

クラヨーバにももう一人セルビア選手、
オポジットのブラゴイエビッチ。

彼は去年代表に召集されており、
ワールドリーグでほんのちょっと見ただけですが
うん!なかなか、決定力も高くて
若いながらもチームを引っ張っている!!

いやぁ、ここから期待が持てる選手!
ホントにセルビアにはいいオポがいっぱいで
選手層が厚く充実しています。
アタナシエビッチ、ルブリッチ、
ぺトコビッチに続いて新たな新生☆
将来が楽しみな選手を見つけました。

ルーマニアは若い女性というより
年配の男性の割合も多く、
ちょっと酔っ払いチックな
質の悪そうなおじ様たちがちらほら…

納得のいかない判定に
コート前まで行って喚き散らす彼ら。

おおぉ、荒れてるぞ…
これは怖い…

と思っていたけれど、
そのコート前まで行って熱く訴える姿が
全く審判の耳に届かず
それが逆に滑稽にも見えてきて、
(彼らもそれを狙ってた感もあり…!?)
ガラツィの選手もその光景を見て爆笑。

観客数は少ないけど、
熱くなるルーマニアバレーファンたち。
新たな世界を垣間見た気がしました。

41へつづく…

広告
投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅39~クラヨーバ観光

列車で3時間、クラヨーバ到着後は
スーパーで食料を購入しホテルでゆっくり。

ソーセージ入りパイと
ブルーペリーパイがサクサクで
これはスーパーで売ってるレベルじゃなく
行列のできるパン屋さんのおいしさ。
Layのポテトチップも大好きなスパプリカ味で
ポーランドとパッケージの色は違うけど
やはり裏切らないおいしさと満足感。
ヨーグルトムースもレベルが高く。
お水もオシャレなボトルで
良い買い物ができました。

まぁ、栄養はかなり偏っていますが…
それは翌朝のホテル朝食で
補うことにします。

翌朝、ご飯でエネルギーを補給したら
夜の試合までは観光へ。

クラヨーバの街、
ブカレストとは違ってなんだかのどか。

大量のハトには度肝を抜かれましたが…

でも戯れようとする子供がいたり
ほのぼのした風景。

街の中心部の建物も
歴史的な風合いを感じさせて
画になる感じ。

と思えば向かい側には近代的な
ショッピングモール。

ちょっと歩けば教会なんかも出てきたり…

何も知らないで歩いてても
古今を感じたり
興味をそそられる街でした。

そんな中、学生がたかっていたパン屋さんに遭遇。

彼女たちが手にしていたものが
ドーナツ状のパン。
購入してすぐに店先で頬張り
食べ終わったらすぐにまた再購入していたのがこちら…

そんなにおいしいのか?
と思って私も真似して買ってみたら
これがもう絶品!!
これで100円もしないなんて
こんなに嬉しいことはない☆

そりゃぁ、リピ買いするわな…
大満足大納得の味でした。

ルーマニアってもしかして
パンがおいしいのかな…
それともたまたま
当たりに出会っただけか?

どちらにしても嬉しい出会い☆
パンが美味しくてお財布に優しいルーマニアは
試合のチケットも激安!
5レイ…約150円で観戦できるのです。

事前に体育館前の入り口で購入し
夜、再び体育館へ出向きました。

40へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅38~ブカレスト

夜中まで賑やかなホステル。
男女混合ドミトリーの上段で
一足早く眠りについたものの
騒音で寝てるのか寝てないのか
わからないあやふやな睡眠…
おまけに朝方は下段の誰かの携帯が
部屋中に鳴り響き、
うるさくて眠れないほど。

なのに当の本人、爆睡で音に全く気付かないって…

痺れを切らした一人の男性が
彼に向って電源を切れと
切れ気味に訴える。

それでも爆睡の本人。
結局、勝手に彼の電話の電源を切り
部屋には平和が訪れました。

そんな事件で起こされた朝、
ブカレストからクラヨーバへと移動すべく
駅から冒険の始まり始まり…。

まずはチケットを購入するところから。

チケット購入の窓口の前にできている
列におとなしく並んで、
購入を待ちます。

前に並んでいた3人が終わって
さぁ、次は私の番!
と思ったところに
ガラガラ…ピシャ。
窓口閉鎖。

ちょっとー、並んでるの
分かってるでしょー!!

と言いたいところですが、
海外ではよくあるこの嫌がらせ(笑)。
運が悪かったと思い、
お隣の列に並びな直します。

並び直した先、
横入りの妨害もありながら
なんとか乗車券を購入!
乗りたい列車を紙に書いて渡すだけだけど、
無事に手に入るかやっぱり不安だったので
この一枚に達成感満載!!

あとはゆっくり朝ごはんをいただきながら
出発を待つことにしました。

ご飯中に話しかけてきたお隣のテーブルのおじさん
私に日本人?と問いかけてきて
頷くのをみたら、
日本好きをアピール。
何でも、好きな作家がいるとかで
ムラヤマなんとか…って知ってるか?と。

村上ではなく村山?
作家の名前を知らなかった私は
話を続けられず、そこで終了。

でもここでフレンドリーに話しかけてくれた
このおじさんのおかげで
ちょっとリラックスできました。
駅の窓口のおばさんも
マックのおねえさんも不愛想を通り越し、
ちょっとキツイ顔立ちのせいか
怒っているように見えて怖かったんです…

ホステルの女の子の
フレンドリーさが薄れかけたとこ
優しいルーマニア人もいるんだな!
と思えたおかげで
このあとちょっと強気に出られました。

列車に乗ったら見知らぬ人を捕まえ
乗車券を見せながら
自分の席はどこなのか?聞くだけじゃなく
案内させる技(笑)に成功!

無事にマイシートを確保でき
クラヨーバまで3時間の車窓の旅が
始まったのでした。

39へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅37~ブカレストへ

2月15日
トレントでの観戦が終了し、
友人とお別れの日…
私はルーマニアへ飛び
友人は東京へ戻ります。

2人揃って移動の日…
あー、なんでこんな日に
世界選手権決勝のチケット発売なのよー!!(怒)

友人も私も2人揃って発売時刻は空の上。
この日ばかりは大幅な遅延でも起こらないかと
トラブルを期待してしまいます。
ちょっとでも飛行機が遅れたら、
ロビーでパソコン広げて購入準備する!
駄目だったら…
ブカレスト到着直後に購入する!!

2人で世界選手権観戦を実現すべく
友人と固い約束をし
トレント駅でお別れしました。

朝日を見ながらミラノへと走る列車…

これから向かう初めてのルーマニアに
ドキドキもするのですが、
それ以上に世界選手権の
チケットのとこが気になって
それどころじゃありません…。

記憶に新しいルーマニアで殺害された
女子大生のあの事件が頭を過りますが
それ以上にチケットが心配過ぎて、
心配度が低くなっています。
これはある意味、不安になり過ぎないように
神さまが仕組んだ優しさ!?

結局、遅延なく離陸したブカレスト便。
一分でも一秒でも早く
ブカレスト到着を祈るのでした。

ブカレストに到着したのは18時半過ぎ。
荷物を取ってロビーに出たら
一目散へカフェへ。
もう発売時刻から3時間が経とうとしています。
あぁ、どうかチケット残っていますように…

焦る気持ちを落ち着かせながらパソコンを開き、
間違ったチケットを買わないように
こういう時こそ余計に気を張って、
なんとか決勝、準決勝のチケットを入手。

準決勝はなんとか指定席が取れたけど
決勝は最上段の自由席…
でも、4年前のポーランド大会の時は
決勝が取れなたっかことを思うと、
取れただけでも成功!
と思うことにしました。
(そういえばあの時も旅先…
ドイツのゲストハウスで必死になってたっけ…)

大仕事を一つ終えたら、
さぁ、次の冒険が待っています。
空港から駅までのバスに乗車し、
宿泊先のホステルを目指します。

ブカレスト空港出口…こここそ、
女子大生が連れられて行った現場。
予想通り、ジプシーが多くて
日本人だと分かって絡んできます。
金をくれ…と。

そこに意識を持っていってないように
バスのチケット売り場の窓口しか
見えてない風を装って、
チケットを購入し、
まもなく到着した駅行きのバスで
事件現場から去るのでした。

現場を去っても次の難関はすぐにやってきます。

夜が更け始めたブカレスト駅前は
ルーマニアでも治安が悪いことで有名な場所。

そうとも知らず、バスを降り
特に急ぎ足でもなく普通の速さで歩いていたら
やっぱりきました。
金をくれ…と、今度は日本語で
言ってくるジプシー達。

ここは中国人になりきって
日本語には反応せず目的地方面へ急げ!
彼らのゆったりとしたペースでは
絶対に追いつかない速さで
時間を気にして急ぐ演技をしながら
駅前をダッシュして駆け抜けました。

あぁ、ブカレストって、
やっぱり怖い場所なのかも…

今更だけど、ここへ来たことを
ちょっと後悔しながらホステルへ。

なんでこういう国で
安全優先のホテルにしなかったか…
予定を組んだ過去の自分を反省。

しかし!
訪れたホステルはアットホームで
誰もがフレンドリー!

レセプションの女の子は
ハイテンションで歓迎してくれ
男女混合ドミトリーでは
メキシコの男の子がギター片手に挨拶。
レセプションでは一晩中
宴会が行われておりました。

38へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅36~トレント対ザクサ

観光の後…
今宵はチャンピオンズリーグ
トレント 対 ザクサ。

ポーランドの強豪ザクサに
今のトレントはどこまで対応できるか…?
国をまたいだ強豪同士の戦いを見られるのが
CLの醍醐味。

スクラ目線でプルスリーグを見てきたので、
ザクサの恐ろしさは
身に染みて分かっていますが
でも、今季は意外と隙がある??
先日のポーランド杯でも優勝を逃してしまったし、
シーズン初めのカップでも
スクラに負けている…

ここは面白い試合になるかも…と期待をもって
トレント目線で勝利を望みました。

ここのところ不調気味だったベットーリ。
ランザをオポにして途中交代させたり、
フルで出ないことも多く、
彼の調子は気になるところ。

しかし、数週間前に見た時から
なんだか吹っ切れたようにスパイクに
迷いは見られなくなっていました。

といっても難しいボールはサイドに回り
ジャネッリが上手くブロックをまいて
打たせていた印象…
それでも決定力を見せたのは
ここ最近からすると
大きな変化のように思えます。

ついにベットーリ復活!

しかし、
トレントの調子が上がっているといっても
ザクサはそれ以上に拾いまくり
対応してくる…
そう簡単にはいかないのでした。

ビエニエクやブシェクは
サーブでも効果的に攻めてきて、
トレントを苦しめてきます。

あぁ、あんなに可愛かったビエニエクが
こんなに頼もしい選手になって…
見た目もすっかり大人の男に変貌し
時の流れを感じます。

ポーランドリーグではミドルながら
MVP獲得数ランキングで上位をマーク。
リシナツを応援する身としては
同じ年代、同じポジションで
勝手にライバル視して注目しているだけに
そんなに頑張らないでいいのよーと
言ってあげたいくらいです(笑)。

試合は取って取られて、
取られて取って…
気が付けば5セット目に突入。

どちらがとってもおかしくない状況の中
トレントは一歩及ばず
勝利を逃す結果に。

はぁ、、、惜しかった…

トレントとアルカスを見に来た友人は
どちらもフル負けの試合に
嘆いておりました。
私が来たから負けた?
と被害妄想まで…

まぁ、私もよく思いがちなことだから
気持ちはホントによく分かります。
そんな一人のファンが
勝敗を左右できるはずがないと
分かってはいるのに
そう思ってしまうのがファンの心理…
勝利の女神になれたら…
どれだけ嬉しいことか。

でも、きっとバレーの神様が
決めた決断だから
彼らには必要な敗北だったのだと
思うことにします。

じゃないと、被害妄想で
勝手に落ち込んでしまうので。

いつからかそう言い聞かせて
自分を納得させ、
無駄なマイナス思考から
逃れることができるようになりました。

37へつづく…

 

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅35~トレントへ

ペルージャ観光を終えたら
次は観戦のためにトレントへ移動。

移動中の車内、友人と暇つぶしで
恒例の折り紙を折っていたら
おばさまが興味津々でこちらを見ています。

友人は折り紙でフクザツな立体を作り
おばさまの視線をさらに釘付け!
これは一体、どうなっているの!?
と驚かせておりました。

物体を見せながら説明する友人
それを一生懸命のぞき込むおばさま。
友人はイタリア語は話せないし、
おばさまも日本はもちろん英語も話せない…
それでもこの折り紙を通しての
コミュニケ―ションは
きちんと成り立っています。

トルコの女の子ともそうだったけど、
コミュニケーションは
言語を通してだけじゃないと再認識。

ハグや表情、笑顔、ジェスチャー、
こういう異文化を通しての交流、
そして勿論バレーボールも
立派なコミュニケーションツール。

幼少期からずっとおとなしくて、
人見知りも激しくて、
自分から友達を作ることが
とっても苦手だった私が、
外国人とこういう交流を
できるようになったこと、
時々、改めて思い返して
嬉しくなる時があります。

社会に出てからもずっと自己主張ができず
最初に働いた職場では
地味な性格と言われ、
今でも環境が変わると無口になって
感情を表に出せなくなる悪い癖は続いていますが、
でも、そんな私が海外では
誰の目も気にせず、
自由に自己表現ができる。
知らない人とも交流できる。
なりたい自分になれる。
自分が好きな自分になれる…
日本ではなかなか味わえないこの感覚が
たまらなく好きなんです。

日本にいるときのストレスにさらされ
ささくれた自分が好きじゃないから
余計にそう感じるのかも…!?(笑)

アラフォーになって初めて見つけた
自分の性格。
歳を取れば取るほど、
人はなかなか変われない気もしますが、
でも持っている性格を引き出すのは
きっと誰にでもできる。
そのきっかけに巡り合うことができれば…

私にとって2009年の
パドヴァの旅がそうだったように
きっとひとつの旅で人生は
変わるのだと思うと、
この何気ない移動も待ち時間も
大切な時間に思えて
楽しい時間になります。

おばさまとの交流のおかげで
長い移動時間も持て余すことなく
有意義に過ごすことができました。

夜21時、すっかり暗くなったところで
トレント駅に到着。
即効より道もせず、ホテルへ。

翌朝は友人と共に
トレント観光へ繰り出し…

Google先生お勧めのレストランで…

リゾットとパスタをいただきました。

閉店間近でピザは焼けないと断られ、
ちょっと残念でしたが…
やっと、ちゃんとした
イタリア料理にありつけました。

36へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅34~ペルージャ

2月11日(日)
本当だったらこの日
ペルージャでルーベとの試合が
あるはずだったのに―――!!!(怒)

楽しみにしていたこの注目の戦い、
テレビ放送の関係か試合が
土曜日の夜に移行してしまい
見事にイズミルの試合とダブって
見られなくなってしまいました…

それが分かったのが
イスタンブール→ローマの
航空券を購入した翌日。
もうちょっと早かったら…

と、思う気持ちをなんとか切り替え、
仕方ないから観光だけでもしよう!
と友人と共にローマ空港から予定通り
ペルージャへやってきました。

ペルージャは老舗のチョコレートメーカー
ペルジーナの工場があったり、
チョコレートと所縁のある街。

そんな理由で駅からちょっと歩くと
チョコがテーマのホテルがあったりして
ここに宿泊するのも楽しみの一つ。

以前も宿泊したことがありますが、
今回は友人を連れてきたくて
再びここに宿泊しました。

チェックインするとウェルカムドリンクならぬ
ウェルカムチョコ。

部屋の壁にはチョコの海に飛び込む
人の姿が描かれていて
何とも斬新なデザイン。

ロビーにもチョコがいっぱい。

夢のバスタブいっぱいのチョコ風呂~♪

朝ごはんもチョコ尽くしで
チョコレートホンデュなんかも
あったりするのです。

浮かれてチョコばっかり食べてたら
やっぱり胃もたれする年齢…
好きなだけ食べたいものを食べられる
胃腸が、あぁ、懐かしい…

翌朝はペルージャが初めての友人を連れて
市内観光へ出かけました。

ミニメトロに乗って・・・

高台からウンブリアの美しい景色を眺め・・・

ペルージャの象徴
サンロレンツォ大聖堂前の広場へ。

雨が降り出し歩き回るのも大変だったので
ミニメトロで遠くから体育館を眺めたら…

最後はカフェでひといき。

わずか数時間の弾丸ペルージャツアーでした。

25へつづく…