投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅60~欧州チャンピオンズリーグ・決勝

4月30日
チャンピオンズリーグ決勝
ペルージャ対カザン。

前日の快挙で
これはもしかするといけるんじゃない!?
なんて思ってしまったことが
恥ずかしくなるくらい
決勝のカザン戦は
やられまくりました。

第1セット前半こそ
リードする展開でしたが
それはカザン本来の力が
出せていなかったまで。
以降はいつもの力を発揮し、
あれよあれよという間に
点数を奪われていきました。

第2セットもなんとか
食らいついてはいったのですが、
最終的に力及ばず失セット。

第3セット、
とことんやられ続ける
ペルージャを見ていたら
涙が出てきました。

悲しかったから…ではないんです。
嬉しかったんです。
やられてもやられても
それぞれを庇い合いながら
立ち上がり、
立て直そうとする選手たち。
それを見ていたら
ホントに、いいチームだ…と
心動かされたのです。

思えば開幕当初
よそよそしかった選手たち。
それぞれがそれぞれを伺いながら
プレーをしていたように見えました。
バシッとクイックを決めても
輪に交わらず
サーブ位置に付こうとする
ポドラスチャニンを
来いよ!と呼んでやっと
ひとつになれたり、
遠慮している姿も度々伺えました。

これまで目を合わせることを
ほとんどなかった
イタリアとセルビアのエースも
同じコート上で
気が付けば兄弟のように
喜び合う仲になりました。

そんなシーズンを通し、
今ここで、しっかりと
「チーム」になっている姿に
涙がボロボロ。

それはコート上だけなく
控えの選手たちを見ても。
やられ続けるコート上の選手を
肩を組んで見守る
控えの選手たちの団結した姿、
涙はとめどなく溢れてきました。

試合は0‐3で決着がつき
史上最高につまらなかったと
友人は話していました。
だけど、私にとっては
こんなに泣けてきた
試合は初めて。
この戦いを最後にこの場所で見られて
よかったと思いました。

一時はもう一生、観戦旅行が
出来なくなるんじゃないかと
諦めていた時期もあっただけに、
ここにいることはひとつの奇跡。
ホントに幸運で、ありがたいこと。

内容は決していい闘い、
いいバレーではなかったけれど、
ここで繰り広げられている
今シーズンの長いドラマの結末は
最高にハッピーエンドに
思えたのでした。

多分私は、真のバレーファン、
競技のファンでは
ないんだろうな…
ただただ単純にチームが好きなだけ。
だから、疑問はあれど
ペルージャの選手が
連呼される表彰式には
より一層涙が溢れてきました。

コンバートして
苦しいシーズンを
過ごしたザイツェフは
サーブ賞とベストアウトサイド。
ルーベから移籍して
古巣との勝負に勝てない悔しさを
やっと覆すことができた
ポドラスチャニンは
ベストミドル。
ペルージャ3年目、
いろんな選択肢を
楽しむように
コーディネートしてきたデセッコは
ベストセッター。
そして…
手術を乗り越え、
完全復活したアタナシエビッチは
ベストオポジット。

スポンサーの関係か、
ペルージャ選手が多くないか?(笑)
と感動の最中、
若干突っ込む気持ちもありましたが、
でもいいんです。
これで。

ファイナル、負けても
楽しそうに表彰台に上がる
ペルージャの選手たちは
涙で滲んでいたせいかより一層
輝いて見えました。

大会全行程が終わり、
余韻に浸ろとする客席。
角の席で佇んでいたら
なんと、すぐそこにアタナシエビッチの姿が!

いつの間にーーーーー!?

セレモニー中、
客席をじーっと見ていた彼は
きっとサポーターのもとへ走るつもりで
ルートを確認していたのでしょう(笑)。

柵を乗り越え、
サポーターエリアへと乗り込み
皆と一緒に応援チャンツを大合唱。
大盛り上がりのサポーター陣を
得意げに仕切りながら
何度も何度も歌い上げたのでした。

パフォーマンスの素晴らしさを
楽しむ一方で
こんな風に一丸となって
応援する楽しさもある。
私にとってバレーは
沢山の角度から楽しませてくれる
最高のエンターテイメントです。

沢山の試合を見てきて、
それぞれに楽しみ方があるし、
それぞれに満足感も多種多様。
きっとまだ
味わっていない楽しさが
いーっぱいあるんだろうな…。

そう、バレー観戦の喜びは∞!!

ポーランドリーグに反し
不思議とここでは
終わった悲しみを感じることはなく、
次の新しいシーズンを
楽しみ待つ気持ちの方が勝っていました。

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅59~欧州チャンピオンズリーグ・ファイナル4

せっかくペルージャが
ホストになっての開催なのだから
お祭り騒ぎを楽しむべく
賑やかしが必要だよね!(笑)

そんなエンターテイメント魂が騒ぎ出し、
私は日本でせっせとこしらえてきた
特製ペルージャユニフォーム風着物で
向かいました。
こういうこともあろうかと
2か月半、持ち歩いてきたのです。
というのは嘘で…
ホントはセリエのファイナルで
着て応援しようと思って
したためていたもの。

日本でのがん疑惑の最中、
何か望みを持たないと
生きていけず
ひと針ひと針
ペルージャの勝利を信じ
縫い続けてきたのです。

がん疑惑が晴れ
旅に出ることができたら
これを着て応援するんだ!と。

もし旅に出られなかったら
その時は病院のベッドで
これを着て勝利を祈ろう…
そんな思いで一心に縫いました。

イタリアなのに和服?
でも、これには私なりに
理由があったんです。

日本を象徴する着物を着て
ペルージャを応援するということ、
それはこのチームが
イタリアから遠く離れた
他国のファンをも魅了する
素晴らしい魅力的な
チームである、ということ。
そういうメッセージを
伝えたかったのでした。

変だと思われるのは重々承知(笑)!
でも、いいんです!
これがやりたかったんです!!
癌かもしれないと言われたとき、
やり残したと思ったことの中の一つに
これがあって
とても後悔していたのです…。

ホテルから着物を着て
ドキドキしながら場内入り。
笑顔で迎えてくれた
セキュリティーのお兄さんに
写真撮らせてと
声をかけてくれる
ペルージャファンの方々。
この奇抜な装いを
イタリア人は喜んでくれました。

そして遂に始まった
ペルージャ対ルーベ。
この私の一針一針の思いが
奇跡を起こし・・・
ってそれは自己満足か(笑)。
でも、この大勢のペルージャサポーターが
声援を送る中、
ホントにありえない結果を導いてしまったのです。

今シーズン、全く太刀打ちできなかった
あの優等生軍団ルーベに
3‐1で勝利!!

確かにミスが多く、
ルーベらしさがなかったのはあります。
怖い怖いあのソコロフが
まったく機能しなかったのは
本当に助かりました。
だから、ペルージャが掴んだ!
というよりは
勝たせてもらったというのが
正直なところ。
それでもこの勝利は
ホントに嬉しいものでした。

サポーター席も大盛り上がり!
みんなみんな嬉しそう!!

セリエではファイナルに進めず
もうペルージャが
ファイナルの舞台に立つことは
不可能だと諦めていたけど
でも、こんな幸運が巡ってきたー!

旅の終盤、
最後に神様は
スペシャルなドラマを
用意してくれていたのでした。

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅58~ペルージャ

スクラのファイナル観戦の裏で
勝利を信じていたペルージャ。
ですが、願いは叶わず、
ファイナル進出には
届きませんでした。
ラスト5戦目まで粘ったのに…

しかし、今季のペルージャには
もう一つ
チャンスが残されているのです。

そう、欧州チャンピオンズリーグ!

ファイナル4開催地として
名乗りを上げたペルージャは
ローマを舞台に
闘うことが早々に決定。

それが発表されてからは
セリエファイナルと共に
絶対に観戦したい!という望みが生まれ、
サポーターの友達に
チケットを依頼していました。

そのチケットが今日
ペルージャの体育館で
引き渡されるとのことで
チビタノーバ観戦の翌日
やってきたのです。

引き換え時間には間があるので
ちょっと中心街までぶらり。

この旅で初のペルージャ、
この景色も1年ぶりです。
ただいま!

いつもなら旅行期間中
何度かここペルージャにやってくるのに…
スクラに気持ちが傾いてしまった今年、
すっかり遠のいてしまって…
何だか少し
申し訳ない思いでした。

チケットを引き換えに行くと
体育館ではペルージャの選手たちが
練習をしていました。
和気あいあいと楽しそうな雰囲気。

チームが仲良さそうに見えて
いい傾向にあるように思う反面、
もっと緊張感のある空気じゃないと
駄目なんじゃないかという思いも。
これから挑む
CLファイナル4が
少し心配になるのでした。

でも…
準決勝、ペルージャの相手はルーベ。
これだけ調子のよいルーベに勝つのは
やっぱり難しいでしょう。

友人との間では
遂にカザンが破れ
ルーベがタイトルを獲るんじゃないかと
共に期待を寄せているんです。

ペルージャが好きだけど
現実は厳しいかな…

ローマの会場では
勝ち負けにこだわらず
ホームの盛り上がりを楽しむ!
と、ファンなのに
最初から勝負を放棄(笑)。

そう、まさか予想外の結末が
訪れるなんて
夢にも思っていなかったのです。

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅57~さよならポーランド

ポーランドリーグを
ファイナルまで見届け、
ここを去る日が来ました。

相変わらず
シーズンが終わったという寂しさで
押しつぶされそうな苦しさ。
あぁ、なんとも切ない…

昨晩、スクラのバスを見送る時に
サポーターの女の子に
声をかけてもらい、
初めてスクラファンの
お友達ができました。
やっと一緒に応援できる
語り合える
仲間ができたのです。
なのにシーズン終了…
あぁ、一緒に観戦したかった…
これもまた
寂しさを強める原因でした。

でも、切なくて苦しい思いは、
きっと幸せの裏返し。
たくさんの思い出を作れたから、
これを大切に温める時間も
必要なのかもしれません。

ホテルをチェックアウトした際、
車が待ち構えたように近づいて来て、
「駅まで送るよ!」と
言って乗せていってくれた
優しいおじさまがいたり、
列車から降りるとき
荷物持ってあげるから!と
ひょいと下ろしてくれたおじさまも。

ショッピングセンターで
大荷物持って歩いてたら
ドアを開けて待っててくれた
親切なお姉さん。
最後の最後まで
親切にしてもらい
離れたくなくなるポーランド…。

次の訪問が楽しみになるような
テキな思い出が沢山出来た!
そう言い聞かせ、
次の目的地へと飛び立ちました。

マドリードを経由して
ローマ空港から
イタリア入り。
これで最後の入国です。

さー、最後のイタリア、
ラストスパート!!

が…意気込みむなしく
遅れに遅れまくる
空港からチビタノーバへのバス。

セリエA1ファイナル1戦目となる
ルーベ対トレントを観たいのに…。

ペルージャが敗退したことで
ファイナルの観戦意欲が
薄れたのか
残念ながら会場に到着したのは
試合が終了した直後。

試合は全く見られず
チビタノーバで待ってくれていた
現地の友人と
ピザを食べて帰るのみでした。

あ、でも、一つだけいいことが!
会場で豊田合成の
イゴール・オムルチェンに
遭遇したのです。

「こんにちは~」と
日本語で話しかけると
驚いたような表情のイゴール。
この時期にここにいるってことは
黒鷲に出ないのかな?
気になって聞いてみると、
「出ないよ、また次のシーズンね…」と。

優しいイゴールは
「どこの出身?」
「長崎?」
「じゃあ、古賀幸一郎・太一郎と一緒だね」
と話もしてくれました。

この様子にイタリア人の友人は
大喜び。
2人が日本語を話してる~と。

日本ではイゴールと
話したことはもちろん、
会ったこともないし、
試合を見た記憶も何年前だったか
思い出せないくらいなのに…
まさかのイタリアで遭遇、
不思議な時間でした。

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅56~PlusLigaファイナル2戦目

やってきました
PlusLigaファイナル2戦目
泣いても笑ってもこれが最後。
これで勝負が決まります。

この試合を観るために
ラトビアから駆け付けた
ポーランドバレーファンの友人。
彼の執念のおかげで
ネット発売直後に
最前列のチケットをゲットでき、
素晴らしい席で
最高の試合を見られる機会を
与えてもらいました。
彼のバレー愛による
引き寄せ力に感謝!

そんな試合前、
ケンジェジン・コジュレの体育館へ
向かう途中、
雨上がりの空にはきれいな虹がお目見え。

なんだかいいことがありそうな予感!
明るいフィナーレを想像しながら
試合は幕を開けました。

2セット取られた時点で
ザクサの優勝が決まってしまう
背水の陣での戦い。
しかも前回の敗北を思うと
望みが薄く感じられてしかたありません。

でも、スクラは底力を見せてくれるはず!

その願いが通じたのか
第一セット終盤
リシナツのサーブが効いて
なんと4連続得点で逆転!
それはもう私にとって
最高の光景でした。

やっぱり彼には流れを引き寄せる力がある。
今シーズン通して
何度も感じてきたこの思い、
それを集大成で見せてくれた
このシーンだけで、
私はここに来た意味がある!と
早くも満足してしまいました。
これならいける!という
自信をも持てたのです。

第2セットも第3セットも
いい活躍を見せてくれました。
この大舞台で
スクラという名門チームを
支えている姿は
ホントに力強くて頼もしくて
感極まりました。

でも…

勝ちたかった。
優勝してほしかった。
笑顔でシーズンを終えたかった。

沢山、素晴らしいパフォーマンスを
見せてもらったけれど、
勝負の喜びはまた別。

2セット目を奪われ
第3セット拮抗しながら
デュースに突入し、
最後に力尽きてしまったスクラ、
赤青白の旗をめいっぱい
はためかせる観客前で
試合は幕を閉じました。
虹はザクサにほほ笑んだのです。

ホームの会場で優勝を決め
盛上るザクサに
ため息をつきながら
これがスクラだったら…と思いました。

だけど・・・
私の中にはもっと別の
大きな切なさがありました。

楽しかったこのシーズンが
ついに終わってしまったという
寂しさ。
そんな思いに押しつぶされそうで苦しくて…
今シーズンこれ以上、
このチームでの試合が
観られないということが
単純に悲しかったのでした。

シーズン開始10月から
ネット配信のある試合は全部見てきて、
見れない時はライスコ観戦をしてきて、
このチームにリシナツに
どれだけ支えられたか分かりません。
仕事でボロボロの時、
癌疑惑で真っ暗闇な時、
試合を見ていた時間だけは
暗闇に光が差し
人間らしい喜びを感じていました。

2月に旅立ち、
現地観戦するようになってからは
TVに映らないような
表情や行動までが見ることができ、
練習見学という
貴重な姿を見る機会にも恵まれ、
リシナツの選手としての
ストイックさを沢山見せてもらいました。

水飲み休憩のときも練習する彼、
誰よりもボールに触れる時間が多い彼、
ミドルなのにレセプションの練習を
進んで行う彼。

今、間違いなく彼は
私にとって最高の選手!
そんな選手をここまで
見届けられたことが
本当に幸せでした。

最後、体育館の裏で
スクラのバスをお見送り。

バイバイ!
また来年!!

去っていくバスを見ながら
ようやく、
シーズンが終わったことを
受け止めるのでした。

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅55~ヴロツワフへ

そうだ!
ヴロツワフへ行こう!!

ザクサでのファイナル2戦目まで
数日の間隔があったので、
久々に観光意欲が高まり、
ケンジェジン・コジュレからも
そんなに遠くないし、
これはいい機会!と
ヴロツワフで観光を
楽しむことにしました。

2013年以来3年ぶりの訪問、
だけど、
あぁこんなキレイな街だったの~と
新たな感動。

あまりの美しさに
前回来たとき
なぜここに来なかったのか…と後悔したほど。

そしてあの当時と同様にまた、
街をふらふら歩きました。

あー、ここ来たことある~。
という懐かしい景色に出会った後には
懐かしの小人さん達にも再会!!

消防隊?風の小人さん。

石にもたれかかる
休憩中の小人さん。

ショベルカーでお仕事中の小人さん。

前回は沢山出会えなかったけど、
今回はコツを掴んだのか、
歩けば歩いた分、
沢山の小人さんに対面できました♪

そんな中、美味しそうな
ピエロギ屋さんを発見!
ランチとディナーの間で
お店が空いているところを見計らって
お邪魔しまーす。

注文したピエロギは
具がしっかり詰まっていて
皮ももちもち!

あまりのおいしさに
翌日も来ようかと
思ってしまったくらい。
ここは「当たり」でした!!

お腹が満たされたところで、
さらに小人探しは続きます。

お札とコインを手にした
お金持ちの小人さん。

パソコンも操作できる
現代人の小人さん。

薬局前で薬を手に佇む小人さん。

そして極めつけは…

小人さんのオーケストラ!!

景色を楽しむだけじゃなく
こんな可愛い住人と
会えるなんて楽しい街ヴロツワフ♪

ポーランドでクラクフが
一番好きな街だったけど、
ヴロツワフもいい~!

休憩に入ったカフェも
甘さ控えめの上品なケーキが食べられて、
ヴロツワフ滞在を
ステキなものにしてくれました♪

♪♪♪

投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅54~PlusLigaファイナルinウッチ

4月19日
遂にやってきました!
ポーランドPlusLigaファイナル1戦目
スクラ対ザクサ。

あぁ、これがファイナルの舞台なのか~!

もう、ここにいられるだけで幸せ。
バレー王国ポーランドで
最高に盛り上がる
ファイナルの試合が見れる。
それだけで十分!!

と言いつつ…

だからって負けていい訳じゃない。
やっぱりできるなら
勝ってほしい!!

強豪ザクサだけど
ティリが怪我で抜け万全じゃないのは確か。
という前に、レギュラーラウンドでは
2戦とも勝っているんだから
可能性は十分にある!!

スクラの勝利を心から信じました。

セミファイナル大爆発した
クレクに今回も期待。

民泊のホストに連れられ、
体育館で見せてもらった練習では
誰よりも先に誰よりも長く
ボールを受け続けレセプション特訓をしていたクレク。
レセプションはホントに
良くなりました。
だけど、この日は攻撃面が
上手くいかず、何とももどかしい…

ヴラズウィも苦戦。
そりゃそうだ…
ザクサは完全にマークしてくるに決まってる。

ペンチェフも決められないし、
クウォスも厳しい…
頼みの綱リシナツも当然マークされる。
セッター、ウリアルテには
とても過酷な戦いとなりました。

やっぱりザクサは強かった…。

願っても願っても、
叶わない戦いがある、
神様がちゃんと
勝つべきチームを勝たせている、
ファイナル1戦目、
第1セットこそ拮抗したものの、
あとはやられるまま
セットを奪えない試合を観ながら
思うのでした。

結果は・・・
0-3

そんな後味悪い試合の後、
ここでヴィニャルスキの引退セレモニー。
これが勝利の後なら
どんなに盛り上がったでしょう…

おそろいのTシャツに着替え
整列したスクラメンバーと、
お付き合いのザクサ選手たち。
その中で涙・涙の儀式が
行われました。

代表してヴラズウィが挨拶。
そのあとには2人の熱い抱擁。

同世代の彼ら、
クラブチームでもナショナルチームでも
共に戦った戦友。
思いは果たしなく
募っていることと思います。

いいな、こういうの。
ポーランドファンというわけではない私も
見ていて胸が熱くなりました。

最後はみんなで写真撮影。

セレモニーは沢山のファンに見守られ
滞りなく終わりました。

終了後ヴィニャルスキは
関係者やサポーター
お友達に最後のご挨拶。

片付けが始まっても
最後の最後まで会場に残り、
沢山の人と触れ合っていました。