投稿者:

イタリアセリエA1観戦の旅(2)~ミラノ

飛行機の中ではヒースローダッシュの反動で
ここぞとばかりにリラックス。
日本時間の真夜中に差し掛かり、
睡魔も襲ってきます。
今、ゆっくり休んでおかないと、
ミラノ空港から出たら冒険の旅の始まり・・・
2時間のフライトは、ちょうどよい休息TIMEでした。

20:00。
到着した夜のマルペンサ空港は、
静かで穏やかそうな空気。
でも、ミラノは油断できないぞ・・・
貴重品の存在を常に確かめながら、
マルペンサエクスプレスの列車乗り場へと
進みます。

今回、夜も遅くなるし、安上がりの旅にしたくて、
ミラノ市内には出ずに、
途中のサロンノという街に宿泊予定。
マルペンサから15分ほど列車に乗って、
駅からも徒歩10分。
自力でも難なく行ける場所、と
余裕を持って移動していると・・・
ん? 何だか、おかしな空気。
というのも、乗車した列車、
停るはずの駅で止まらず、
どんどん走ってゆくのです。

あれ?そろそろ、停まってもいいはずなのに、
全く止まる気配はない・・・

15分たっても、20分たっても列車はスピードを緩めず、
景色は流れ続けます。
結局、終点のミラノ市内、ガドルナ駅まで
ノンストップで運ばれるハメに・・・。

なるほど、直通列車があるんだな!
失敗したけれど、それにより学べたことはラッキー。
そう、マイナスをプラスに変えることが、
旅には必須!
気を落とさず、逆方向の列車で戻ることにしました。

と、その前にチケット、チケット・・・

以前、購入できたはずのマルペンサEXのカウンターで拒否され、
自販機で4、5回チャレンジするも理解できず、
予想外に購入に苦戦・・・
最後の手段、シャッターが降りる直前に
チケット購入窓口を探し出すことに成功し、
なんとか切符購入できました。
危なかった・・・

指定のプラットホームに移動し、
降車駅の名前が書かれた電光掲示板を見て、
今度は確信を持って乗車。

IMG_1476a

20分ほどでサロンノ駅へ到着し、
ちょうどタイミングよくかかってきたホテルからの電話に
微妙な英語で応え、
「今、駅にいて、これから向かう」ことを告げました。

ふぅ・・・
日本出発から約18時間・・・
無事、本日のお宿に到着。
柔らかいベッドの上、この日はあっという間に
深い眠りへと落ちていきました。

Zzz・・・

翌朝 1月8日(火)

ホテルのビュッフェ朝食で満腹になったら、
早速、出発!
今日は、ピアチェンツァという街で観戦するので、
列車移動です。

が、せっかくなので、ミラノ市内を徒歩でさらっと観光。

IMG_1505a

ガドルナ駅からドゥオーモを通って、
中央駅までお散歩。

IMG_1509a

途中、ACミランの公式ショップに立ち寄り、
観察してきました。

IMG_1523a

噂には聞いていたけど、
本田選手の期待度が、このお店からも伝わってくる!

入口のショーウィンドウには10番のユニフォーム。
さらに、お店に入ってすぐ、一番近い場所に
かけてあるユニフォームも10番、
名前はもちろん「HONDA」。
サッカー通ではないので、10番のスゴさが分かりませんが・・・
存在感はここにしっかりと感じました。

IMG_1525a

日本人として誇りに思いながら
ミラノ中央駅へ。
犯罪の多い中央駅、
ここは隙を見せずに一層気を張ります。

一階、エスカレーターの下にある
割と静かな場所で、落ち着いて切符購入。
カードでの支払いが小銭もたまらず、
もたもたしないで済むので、
不慣れな旅行者だとバレ難い。
チケットを購入したら、即、
エスカレーターでホーム階へと上がってゆきました。

ボローニャ行きの列車、
ちゃんとピアチェンツァで停車することを確認し、
乗り込み完了!

IMG_1534a

わずか1時間の鈍行列車の旅ですが、
イタリア人に混ざって
田舎町の景色を見ながら、
自分とじっくり向き合えるこの時間が、
一人旅の醍醐味。
旅の中でバレー観戦の次に好きなひとときなのでした。

(3)へつづく・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中