投稿者:

イタリアセリエA1観戦の旅(8)~Latina vs Trent

SerieA1 後半第1節、Latina-Trentino。

前半戦を最下位で終えたLatina。
昨年のランキングは12チーム中7位だったのに、
ここまで落ち込むとは予想外・・・

選手の入れ替わりも激しく、
噛み合わないといったところなのでしょうか・・・

???????????????????????????????

整列するラティーナ選手。
手に持っている交換する品物に目がいってしまいます。
ちょっと大きめ化粧箱、
何が入っているのでしょうか・・・!?

向かいのコートにはトレンティーノ。
昨年のレギュラーラウンドでは
1位を守り通したものの、
今シーズンは3位と苦戦。

それでもナショナル代表選手、ビラレッリ、ランザや、
ブルガリアのソコロフと存在感のある選手が並ぶと強豪のオーラを感じます。

???????????????????????????????

 
そんな2チームの負けられない戦いは、
1月11日(土)の夜20:30、
約1000人の観客が見守る中、始まりました。

試合は、想像通りトレントペース。
ラティーナは序盤の2点3点差が埋められず
追いかけていきます。

頼みの綱はブルガリアのスクリモフ、
セルビアのスタロビッチ。

???????????????????????????????

ここ最近、セルビア代表では
なかなか出場場面が見られなかった
スタロビッチですが、
ラティーナの中では点取り屋として
チームを牽引していました。

トレンティーノにはグラチャンで
ベストスパイカーを獲得したランザ。

???????????????????????????????

彼は22歳という若さでありながら、
ベテランの風格。
速さだけでなく技術の旨さを感じます。

ナショナルチームではお馴染みのビラレッリ。

???????????????????????????????

キャプテンでもある彼は、
コートの中で一際熱かった・・・

納得できない判定には抗議し、
受け入れられなかった後の攻撃は
怒りの気持ちがこもっているかのように鋭く、
魂が見えるようでした。

ブルガリア代表チームのキャプテンでもあるソコロフ。
彼はもちろんチームの柱。

???????????????????????????????

苦戦を強いられている今シーズンですが、しかし強いものは強い。
チーム内、選手同士が声をかけ合い
コミュニケーションを取る姿は、
強豪チームに見られる共通のものだと感じました。

 
が、そんなトレントも第2セットは苦しみました。

序盤リードを許していたラティーナですが、
中盤で逆転したかと思うと4点差までリード。

???????????????????????????????

僅かなサポーターもより一層声を上げ
チームに力を与えています。

???????????????????????????????

波を起こせれば、最下位のラテイーナも勝利を勝ち取れる!
そんな可能性を感じました。
(いや、ホントに、バレーは、
意外と予想外の展開が起こりうるものだから・・・)

ビデオチェックはここでも頻繁に使われ、
頼りに頼られています。

???????????????????????????????

もしもなかったら、試合はさらに揉めて、
選手や観客に余計な嫌悪感を抱かせてしまうはず・・・
今やないことが想像できないほど、イタリアでは
必要不可欠なものになっている気がしました。

第2セットをラティーナがゲットし、
1-1で迎えた第3セット、
ここはトレンティーノの逆襲の場です。
さすがに取られっ放しとはいかないようで・・・
あっさりものにしてゆきました。

続く第4セットはそのまた逆襲・・・
第2セット同様、ラティーナペースで進んでいたのですが、
3ポイントゲット意地でしょうか、、、
強豪トレント、終盤で劇的逆転をし、
ゲームセット。

結局、3-1でトレントの勝利となりました。

 
予想通りと言われればそうですが、だけど、
中身は単純なものではなく
どちらも意地を見せてくれました。
プロ根性ここにあり!
・・・こういう気持ちが心を動かし
ファンの心を掴んでいくのだと
改めて実感した試合でした。

???????????????????????????????

残念なことにラティーナは警備が厳しく
コート内には新入が不可のよう。
コート側でやってきた選手に
知り合いが声をかけるくらいの対応でした。

マチェラータ、ピアチェンツァ、
クーネオ、ペルージャは乱入し放題で、
モデナはちょっと行きづらかったかなぁ・・・
セリエの会場にもいろいろパターンがあることを知りました。

因みにここは外の出待ちもゼロでした。
そこまで人気の選手がいないから・・・?
マチェラータ、ピアチェンツァの人気は
よほどのものだったんでしょう・・・
観客数も4倍だったし・・・

今思い返しても、あの熱狂ぶりは異常だった気がします。

(9)へつづく・・・

広告

イタリアセリエA1観戦の旅(8)~Latina vs Trent」への4件のフィードバック

  1. 初めまして。イタリア旅行のついでにラティーナに試合を見に行こうと思うのですが、公式HPで試合日程などを見ようと思ってもあまりわからなくて、、どのようにして調べたらいいか教えていただきたいです(TT)

  2. うえかさん、コメントありがとうございます!
    イタリアリーグのスケジュールですね…
    公式HPの言語を英語に変えると少しは分かりやすいかもです。
    公式HP↓の上部にあるイギリス国旗をクリックして下さい。
    http://www.legavolley.it/Calendario.asp?Anno=2017&IdCampionato=676&Lng=2
    もしくはPCでGoogleの翻訳に上のURLをそのまま張り付けて日本語に翻訳にすると、
    日本語である程度表記ができます。
    イタリアリーグ観戦に関してはこちらにまとめてありますので、ご覧いただけると少しは疑問がなくなるかと思います…^^;
    http://vbm.link/15318/

  3. ありがとうございます!
    返信遅くなってしまってすみませんm(_ _)m

    おっしゃる通り英語にしてみたらだいたいわかりました!!ブログも引き続き読ませていただき、学んでいきたいと思います!^_^
    また何かあったら聞いてしまうかもしれません、すみませんm(_ _)m

  4. それならよかったです!
    また何か分からないことがありましたら、いつでもコメント、もしくは問い合わせからご連絡ください^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中