投稿者:

フランス・ドイツ・イタリア・3ヶ国バレー観戦の旅11~フュッセン観光

早朝・・・
薄暗い窓の外から聞こえてきたのは
鳥たちのさえずり。
雨予報の今日、
まだ、雨は降っていないのか、
それとも小降りなのか、
鳥たちは元気に鳴いており
耳に心地よい音で目覚めることができました。

まだ誰もいないレストランで、
コーヒーやジュースの注文を
丁寧にわかり易い英語でとってくれたお兄さん。
昨日チェックインの対応をしてくれたお姉さんもそうでしたが、
若いのに心配りがとっても行き届いています。
また来れるのかは分かりませんが、
この優しさもまた心地よく、
また来たいと思わせるのでした。

 
そんなホテルをチェックアウトしたら、
目指すは山の上、
ノイシュヴァンシュタイン城へ向かいます!

fu 002s

遠くに見えるこのお城・・・

fu 003a

これが今日のメインです!

これはルートヴィヒ2世が
中世への憧れを具体化して建てた
理想的のお城であり
ディズニーランドパリのシンボル、
「眠れる森の美女」のお城のモデルにされたというもの。

そんな場所へ遥々ベルリンから8時間・・・
ディズニー好きとしては、
ドイツで一番行ってみたい場所だったのです。

 
一本の山道を歩くこと30分。
チケットセンターへ到着。

fu 009s

日本で予約していたチケットを
ここで受け取ります。
シーズン中は混み合ってて
チケット買うのにも長蛇の列と聞いて
事前に予約してきたのに、
8:30過ぎ、2グループしか並んでいませんでした。

ツアーではないと入れないこのお城。
英語とドイツ語は生の説明で、
それ以外の言語はオーディオガイドを耳に当て
30人ずつくらいのグループで回ります。

私の予約は10:15入場。
まだまだ時間はあるので、
ゆっくり山を登ってお城の入口に向かいました。

 
チケットセンターからお城の入口までは
歩いて40分ほど。
それがキツイ方は馬車とい選択肢もあります。

fu 013a

車が容易に通れない場所なのか・・・
それとも雰囲気を出す観光用のもの?
とりあえず、私の足は
すっかり回復したようで、
お馬さんには頼らずに済みました。

若干の雨に降られながら、
お城の入口前に到着。

fu 018s

山々に囲まれそびえ立つお城。
ディズニーランドのお城のモデルとはいえ、
曇り空だからか、
先日見てきたディズニーランドパリのお城とは大違いに見えます。
なんだか、物悲しい雰囲気を感じるのです。

時間になるまで、建物の周りを見学。
門をくぐり中の方へ入って近づいてみると、
意外と可愛らしい作りになっています。
こうやってみると確かに美しく、
モデルにしたことに納得。

果たしてこの中はどんな作りになっているのかな・・・

fu 024s

10:10、前の組の人たちが入って行くと、
私たちのツアーのメンバーが
続々と集まってきました。

fu 026s

10:15。
時間になるとロシア人を先頭に、
日本人、中国人、韓国人の団体が入場。
入口で日本語のオーディオガイドの機械を借り、
音声に従っての見学がスタートしました。

 
理想を現実にしたというだけあって、
床や壁、柱・・・細かいところまで
こだわりが通され、
芸術がたっぷり詰まっていました。
お城の中は写真NGで残せないのが残念・・・。

天井いっぱいに描かれた中世の絵画や、
アジア風の床タイル。
カーテンの織物も金の糸が使われ豪華で、
外から見た印象とはまるで大違い。
趣味のための人工の洞窟までも造られ、
観劇のための美しい舞台装置もありました。

 
世間から逃れて生活していたというルートヴィッヒ。
孤立した生活は外から見ると、
さっき私が感じたように、
もの悲しく見えたのかもしれません。

しかし中は、自分の好きなように造られ、
趣味に楽しんでいたように私には見えました。

外から見た孤独な姿と、
中の生活の満足感。
なんだか、独身で趣味を追いかけている自分と
重なるところがある気がして、これが
ここへ惹かれた理由のようにも思えました。

 
深く心に留めて約1時間の見学が終了・・・

fu 053s

下山して街の方へと向かいます。

fu 074s

フュッセンの可愛い町並みを歩き、
可愛い時計屋さんや、雑貨屋さん、
お菓子やさんに洋服屋さんを見物。
最後にお水とお菓子を購入して、
列車でミュンヘン中央駅へと向かいました。

 
今夜はここから2度目の夜行列車で、
いよいよ最終目的地イタリア入り。

余った時間を近くのデパートで過ごしていたら、
危うく閉店時間を過ぎ
閉じ込められそうになりましたが、
なんとか野生の勘で無事脱出!

ちょっとばかりの冒険で焦ったので、
その後はおとなしく駅で待機しました。

fu 091s

出発30分前。
プラットホームで行き先を確認し、

fu 089s

乗車する車両をホームの掲示板で確認。

間もなく入ってきた列車へGo。

fu 094s

これに乗ってしまえば
朝にはイタリア。
そしてセリエA1観戦!!

フランス、ドイツときていよいよイタリア、旅も後半戦に突入です。

12へつづく・・・

広告

フランス・ドイツ・イタリア・3ヶ国バレー観戦の旅11~フュッセン観光」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    年末でお忙しいことと思います。

    綺麗なお城ですね。
    ノイシュバーンシュタイン城?昔、観光雑誌かなにかで見た記憶があります。ディズニーのお城のモチーフになってるんですね。確かに雰囲気がありますね。

    写真禁止は残念でしたが、意外とそういう制約があった時のほうが記憶に鮮明に残っているのではないかと思います。

  2. またも返信が遅くなってしまいました…><
    ノイシュバンシュタイン城はなかなか興味深いものがたくさんあって、印象に残っています。
    確かに写真に残せないからこそ、じっくり時間をかけて見ようと思うので、記憶にも残っているのですかね!?
    写真が携帯で簡単に取れる時代…旅行でも画像に頼らず記憶にしっかり残していきたいものですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中