投稿者:

フランス・ドイツ・イタリア・3ヶ国バレー観戦の旅12~イタリア入り

夜行列車もこれで4度目。
今回は4人用のクシェットにしました。

6人用よりは10ユーロ高い4人用、
しかし、3段あるベッドの一番上は
6人用と何の変わりもなく、
真ん中のベッドが畳まれている分、
下のベッドの人の頭上に
ゆとりがあるだけでした。

そんな私は上の段。
下の段2つにはドイツのおばさま2人が
お友達同士で旅をされており、
もうひとつの上の段は
これまた同じ年代の一人旅のおばさま。
50歳前後のおばさまたちは気もあったようで、
それぞれ持ち込んだワインやお惣菜を出し、
飲みながら語らいでいました。
今回もまた旅慣れている方々のようです。

どこの国から来たのか、
何処へ行くのか、
私にもそんな質問を投げかけてくださり、
頑張って英語で答えていると、
車掌さんの登場。

切符のチェックをしてもらい、
受け取ろうと手を伸ばしたら、
ん?
車掌さんが怪訝な顔をしてきます。
私の行動におかしいところがあったのか、
おばさまたちは笑って見ています。

なんだか分からないけど、
笑いを提供できたのならいいか・・・

車掌さんは笑うだけ笑った後、
「切符は明日の朝渡すから」と言い、
何事もなかったように去っていきました。

言葉が分からないと、
ちょっと切ないこともある・・・よね。。

今回の列車は前半分がミラノ、
後ろ半分がローマ行きになっており、
ヴェローナで列車が切り離されるとのこと。

21時ミュンヘンを出発して約5時間後、
2時にはガタンと列車を動かす音と振動が伝わり、
ヴェローナに来たとこを察知しました。

3:30には車掌さんが再登場し、
次はボローニャだから、と
一人旅のおばさんに伝えます。
まだ夜明けまでほど遠い時刻、
おばさまは暗がりの中
そそくさと準備をし、静かに下車されました。

ボローニャにきたらフィレンツェまでももうすぐ。
間もなくして私も車掌さんに告げられ
音を立てないように静かに支度開始。

到着予定時刻の
6:20にはまだまだ余裕があったので、
早めに部屋を出て個室の洗面台で、
ゆっくり準備をしました。

廊下で待機していたら、
フィレンツェ下車組がぞろぞろ出てきて、
廊下を埋め尽くす状態。
懐かしいイタリア語も聞かれ、
いよいよ・・・という気持ちが高まります。

到着予定時刻を5分少々過ぎて
遂に3ヶ国目イタリア入り!

fu 002a

暗く静かなフィレンツェSMN駅で、
小さくガッツポーズをしました。

 
ここからはローマ行きの列車でテロントラまで。

fu 004s

意外と綺麗な列車で
約1時間半の旅。

fu 006s

テロントラからは乗り換えて1時間。
9:15にはペルージャへと到着しました。

 
今回も先に荷物をホテルに預け、
早速、観光に繰り出そうという計画。
レセプションのお姉さんに交渉すると、
もう部屋を使っていいわよ、と
鍵を渡してくれました。

うわー、ラッキー!!

部屋は広めでしかも可愛らしい赤のカーテン。
冷蔵庫もあってタオルも豊富!
しかもお値段安めの2つ星。
このコストパフォーマンスの高さには感動しました。
ここへ今回は2泊・・・
気持ちよく過ごせそうです。

 
3度目となるペルージャ訪問。
しかし、これまで、
ペルージャ市内へ繰り出したことは一度もなく、
ここがどんな街なのか全く存じ上げません。

バレーを見るだけでは
やっぱりもったいないよな・・・
欲張り心が騒ぎ出し、
ペルージャ散策へ出てみることにしました。

山あり谷ありのペルージャの街。
役立つのはこのミニメトロ!

fu 030s

一回1.5ユーロで、2分に1本の割合でやってくるこの乗り物は、
アトラクション気分で乗れて
すっかりお気に入り!

これがペルージャ駅を中心に
チェントロ(街の中心部)から体育館までを繋いでおり、
ペルージャ市民には活用されているようです。
願わくば・・・終電21時を
もうちょっと遅くしてもらいたいところ。
そうすれば、20:30試合開始後も
乗って帰られるのに・・・

 
中心部までは山を越え、トンネルをくぐり、
ホントに遊園地のアトラクションのよう。
初めて向かう場所なだけに緊張感もあり、
市民に混じって一人、
場違いなハイテンションの乗客になっていました。

そんなドキドキからのこの景色!

fu 032s

こ、こ、これがペルージャの街!?
山の中に建てられた家々が、
太陽の方向を向いて
綺麗に建っていてなんとまぁ芸術的!

すっかりこの景色に魅せられ、
小さな小道をルンルン気分で歩いていると
おしゃれな若者向けの洋服屋さんや
雑貨屋さんに引き寄せられて
ついつい寄り道。

いやぁ、意外とオシャレなお店もあるし、
美味しそうなピザ屋さんもあるし、
ペルージャって素敵じゃない!

学生が多いのか、
ピザも1ユーロ代であるし、
お財布にも優しい!!

気が付けばマルゲリータを手にし・・・

fu 040s

サンロレンツォ大聖堂の階段で、
大口開けていただいていました。

fu 036s

念願の焼きたてピザ!
生地がパリパリで、
チーズがとろーっとして最高!!

もう、これで十分!
イタリアを味わった!!
あとは節約節約で乗り切るぞ!!

そう、旅の前半、フランス、ドイツで
意外とお金を使ったようで、
持ち合わせがだんだんと・・・
(たぶんディズニーで使い過ぎたんだな・・・)

ここで食事代を抑える決意をし、
スーパーでお得なcoop商品を買い込んで、
ホテルへ戻りました。

fu 048s

これで700円ちょっと。
でも生ハムが買えるなんてお得!

食事の心配もお金の心配も
一旦なくなったことだし、
あとは思う存分バレーを堪能するのみ!

18:00、いよいよ体育館へと向かいました。

13へつづく・・・

広告

フランス・ドイツ・イタリア・3ヶ国バレー観戦の旅12~イタリア入り」への3件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます。本年も観戦記を楽しく読ませていただきます。
    よろしくお願いします。

    最初に出てくるクシェットとは何ですか?座席の形とか?

    車掌さんが確認した切符は戻ってきたんですか?ルールがよくわかりませんね。

    ピザ美味しそうですね、あと生ハムも。coopというのは日本の生協みたいなものですか?日本であの値段は考えられないですね。

    最後のペルージャって、サッカーの中田選手がいた所ですよね。何か残っていませんでしたか?

  2. あけましておめでとうございます!
    ご挨拶が遅くなってすみません…
    実は1/4から世界一周ならぬ世界半周の旅に出てまして、ベルリンでヨーロッパ予選を見終えて、ポーランドへ移動してきたところなんです(^^;;

    クシェットとは簡易寝台のことで、自分たちでシートを倒してシーツを引き、ベッドメイクします。
    生ハムは美味しいですよー!
    しかも安いし☆
    Coopは生協ですかね?
    色んな商品にCoopマークが付いてました。

    そうペルージャといえば中田選手ですね。
    サッカーに関してはよく分からなかったです。。。

  3. なんと!!
    新春からビックリさせていただきました。
    今、ポーランドにいらっしゃるんですね。いつものことながら、その行動力には驚かされます。

    そちらは、どのような感じですか?日本より寒そうですね。
    ヨーロッパはフランスのテロ事件などで治安が心配ですが、用心してお過ごし下さい。

    日本では、SMAPが解散するかもというニュースで持ちきりです。
    一般紙の新聞でも取り上げられていました。

    ヨーロッパは、今、バレーリーグの開催時期なのですね。
    また、観戦記楽しみにお待ちします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中