投稿者:

フランス・ドイツ・イタリア・3ヶ国バレー観戦の旅18~マチェラータvsモデナ

マチェラータ駅に到着したら、
駅前のB&B的な施設にチェックイン。

15:00をまわる頃、
約束をしていた友人へ電話し、
お宅へお邪魔させてもらいました。

彼女はマチェラータ在住のイタリア人女性で、
大のLube(マチェラータのチーム名)好き。
ヨーロッパ選手権の時にたまたま隣の席で、
一緒にイタリアを応援したのをきっかけに、
Facebookでやりとりするようになりました。

お子さんが2人いるお母さんで、
とっても面倒見がよく、
今回、マチェラータへ行くことを話すと、
離れたオージモの体育館まで
一緒に行こうと誘ってくれたのです。
おかげさまであんなに悩んでいた
移動問題も無事に解決。
ホントに、この縁に感謝です。

お互い英語力がないので、
タブレットの翻訳サイトを使って、
母国語を英語に訳しながらやりとり。
好きなバレー選手やその理由、
仕事のこと休みのことなどを話しました。

自宅を出発するまで時間があるので、
2年前のSerieA1決勝戦のビデオも
見せてもらうことに。

マチェラータがトレントに勝ち
優勝が決定した瞬間のもの・・・
そこには、馴染みのある顔が
大きく写し出されていました。

fu 018s

興奮のあまり、ユニフォームを脱ぎ捨てた
イゴール・オムルチェン。
彼はマチェラータの優勝に大きく貢献していて、
インタビューも真っ先に受けていました。
改めて彼の存在の大きさを実感・・・
友人は、今、彼の在籍するJTサンダーズが
ファイナルに進んだことも知っていました。

そんな貴重な映像を見終わった頃、
2人のお友達が合流し、
一緒に体育館へ出発。
お嬢さんは勉強があるから行けず、
旦那さんは散歩に行くから行かないと
言っていました。
自由な家族のようです・・・

 
車で40分ほど走ると、やはり予想通り、
見渡す限り緑の、
畑のど真ん中に体育館はありました。

fu 020s

路駐もし放題・・・(笑)

fu 022s

会場へ入るとスポンサーのデルモンテから、
画期的?なバナナのサービス。
入口で一本ずつ配られ
図々しく房でもらっている人もいました。

バナナを手にチケットに書かれた
指定の座席へ向かうと、
今度はTシャツのサービス。
欲しい人はスタッフに声をかけ、
サイズを言えばもらえるようです。
友人のおかげで体に合ったSサイズを
ゲットすることができました。

そんな訳で客席はチームカラーの真っ赤!

???????????????????????????????

今まで見たホームの体育館の中でも、
一番広範囲い渡って、染まっています!!

対するモデナのチームカラー黄色は・・・

???????????????????????????????

1ブロックのみ・・・
それでもこの人数でひるむことなく、
声援をしっかりと送っている姿には、
心打たれるものがありました。
こんな2チームのセミファイナル3戦目。
2戦2勝しているマチェラータが今日勝てば、
これでファイナル進出を決めることになります。
さてさて、どんな試合になるかな?

???????????????????????????????

先入観は持ちたくないのですが、
やぱりマチェラータが圧倒的に
リードしていくだろうと思ってしまう対戦。
ですが、今日のマチェラータは
何かおかしいスタートでした・・・

決定力がなく、
ミスが異常に多い・・・
プレッシャーなのでしょうか・・・

モデナはブルーノがブロック一枚にしながら
攻撃を仕掛けていき、
いいペースで進行。
序盤は予想外に大差をつけてリード!
していたのですが・・・

中盤になると徐々にマチェラータが調子を取り戻し、
終盤にはしっかり押さえて、
結局、逆転で第一セットを先取。
強豪はやっぱり違うな・・・と思わせらrました。

モデナにはセルビアのウロシュや
ポーランドのバルトマン、フランスのガペスという
いいアタッカー陣が揃っているのですが、
打ちづらそうなのが残念なところ。

ブルーノは1月、ガペスは2月に
移籍してきたばかりで、
ウロシュは今シーズン怪我で欠場も多く
馴染んでいない様子。
頼みのバルトマンはミスも多く、
安定性に欠けるのが何とも惜しい・・・
だけど、なんとか合わせようとする
意志がチームから伝わってきて、
応援したくなりました。

マチェラータは余裕で勝てると、
思ってしまう分、
モデナに頑張って欲しいと思うのです。

???????????????????????????????

 
第2セットも序盤、
モデナが勢いよく出ましたが、
最後にはマチェラータが持っていってしまいます。

これまでのセミファイナル2戦、
マチェラータから1セットも奪うことができていないモデナ、
今回も・・・

と思っていたら、
第3セットは粘りに粘りました!

ベレッタのブロックも利いてきて、
デュースに突入・・・
これで終わりにしたくない・・・という
モデナ気持ちがひしひしと伝わってきます。

時にはもめながら、
イエローも出されながら、
一点一点を大切に・・・

???????????????????????????????

そして気がついたら31-31!

???????????????????????????????

どうなる、どうなる??

しかし・・・
マチェラータは多少ミスがあっても、
やっぱり個々の力が安定しています。
ポドラスチャニンもスタンコビッチも、
大活躍!とはいかなくても
ブロック、クイックと、やるべき仕事をしているし、
クレクもパロディもザイツェフほどのインパクトはないけれど、
決定率、サービスエースの本数も上々。
バラノビッチもセッターとしてだけでなく
サーブでも貢献できる。
もちろんザイツェフも、
決定率が良くなくても、
抑えるべきところは抑えてくる。

やっぱり、強豪は強豪なのです。

 
マッチポイントを奪い、
ついに34-32で決めたマチェラータ。

fu 038s

これでファイナル進出が決定!!

選手も観客も大盛り上り。
勝って当然と思っていましたが、
喜び方を見ていると、
ファイナル進出は重さが違うと実感。
こんなに嬉しそうにしている選手の姿を見て、
彼らも必死だったんだと改めて思いました。

その横で、駆けつけてくれた僅かなサポーターに
拍手を送るモデナ選手たち・・・。
プレーオフでトレントを破りここまできたのは、
本当に素晴らしい結果だと思います。
ペルージャ同様、シーズン内に
どんどん力をつけてきた印象。
こちらも、この続きを来季も見たい・・・と思ってしまうのでした。

 
今季のセリエ生観戦はこれで終了。
初めて見てセミファイナルは
選手も観客も関係者も
予想以上に力が入っていて、
胸が痛くなることもありましたが、
感激もひとしおでした。
良くも悪くも貴重なシーンに立ち会え、
思うことはただひとつ・・・

今度はファイナルを見たい!!

いつか・・・
それが叶う日が来ることを祈りつつ、
体育館をあとにしました。

19へつづく・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中