投稿者:

2014WL in SERBIA(3)~セルビアへ

アブダビで予定外の一夜を明し、
8:35発のフライトに乗るために、
早朝6:15、ホテルをチェックアウト。
6:00開始の朝食を15分で食べて、
出発2時間前、空港着を目指しました。

今度こそ、飛びますように・・・

005a

保安検査、出国手続きを終えて、
搭乗ゲートへ到着。
いよいよ、ベオグラードへの扉が開かれました。

008a

昨日は動かなかったエアセルビアの機体。
果たして今日は大丈夫なのか?
心配になりつつも、
「SERBIA」の文字を見るだけで、ワクワク。

着席し、客室乗務員さんからメニュー表が配られた際、
「Hvala」(セルビア語でありがとうの意味)と言うと、
えっ、何人?と、疑うように顔を覗きこまれて
一瞬、ドキッ!
怪しい者でないことが分かると、
強面の顔が緩んで、笑顔を見せてくれました。

 
そんな和やかな出発。
しかし、、、一向に飛行機は動きません。
1時間が経過すると、
作業員らしき人が乗り込んできたり、
慌ただしく降りていったり、
明らかにおかしい空気が漂っています。

着席したまま2時間が経過・・・
セルビア語でのアナウンスが流れると、
乗客が一斉に行動開始。
そう、予感は的中・・・
またも空港カウンターへと
引き戻されることになったのです。

今日飛ばなかったら、
試合に間に合わない・・・
何が何でも飛んでもらわないと!!
昨日のような余裕はなく、
ようやく焦る気持ちが出てきて、
英語での交渉にチャレンジします。

頑張って英語でそれを伝えようとする友人、
と、横から「ちょっとお待ちください」との声。
一瞬、耳を疑いましたが、
たどたどしいけれど完全なる日本語!!

日本語を話せるスタッフ、いたの?!
それは話が早いじゃないか!!
私たちは溜まっていた思いを
日本語でぶつけました。

が、20代半ばに見える彼は、
簡単な言葉しか分からず、
結局説明は英語ですることに。
それでも、微妙に日本語を入れてくれるので、
コミュニケーションが取りやすいのは事実。

どうやら、今回は、
数時間後に飛ぶ見込みがるようで、
またも食事券で食事を取って待つように指示されました。

 
010a

今回はサンドイッチとコーヒー。
ビッグなサンドイッチを頬張りながら、
次のフライト待ち。
そんなところへ先ほどの日本語の話せる彼がやってきて、
テレフォンカードをプレゼントしてくれました。

日本に興味があり、
9月に日本に行く予定があるという彼。
とても良くしてもらい、
移動も付き添ってくれた上、
こんなギフトまで!!
察するに、友人の一人を気に入って
良くしてくれた模様(笑)。
それでも、海外での親切は、
一層心に染みるのでした。

 
12時を超えると彼と、別のスタッフが
フードコートに再登場し、
搭乗口を案内。

どうやら搭乗できるのは確実のよう。
新しいゲート付近では
昨日見たような乗客の姿。
中には妊娠7ヶ月の大きなお腹をした
外人女性と日本人男性カップルもおり、
彼らはベオグラードからさらに乗り継ぐ予定だったそうで、
昨日からのトラブル続きに嘆いていました。

015a

いろんな出会いを経て、
とうとう出発の時・・・
本当に大丈夫!?という不安は
やはりどうしても拭いきれませんが、
今回は機材がエティハド航空なので、
安心なはず!

機体が動き出した瞬間には
思わず笑顔。
そして飛び立った瞬間には拍手。

精神的な疲労もあったのか、
5時間のフライトでは
食事を取ったら即、爆睡してました。

???????????????????????????????

夜のことを思うと、
寝ない方がいいと分かっていても
いつの間にか・・・
Zzz・・・

ほどよく睡眠で疲れをとったら、
そこはもう、セルビア上空!
長かった旅路を経て、遂に、
目的地へと到着です!!

2度目となるセルビア、ベオグラード。
一年ぶりのこの地へ、
ようやくたどり着きました。
ただいま~!!

020a

飛行機が到着した際はもちろん、
友人と共に拍手喝采でした。

(4)へつづく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中