投稿者:

2014WL in SERBIA(9)~SER vs BLU 2試合目

今回のセルビアのスタメンは
2日前と同じで、
ここ最近、定着しているメンバー。

ニコラ・コバチェビッチ
ウロシュ・コバチェビッチ
ヨボビッチ
アタナシエビッチ
ポドラスチャニン
リシナツ
そしてリベロはマイストロビッチ。

???????????????????????????????

ウォームアップで鍛えられた
よいチームワークで動き出しました。

対するブルガリアは
スクリモフ
ディミトリフ
ヨシホフ
アレクシフ
ニコライ・ニコロフ
ソコロフ
リベロはサルパロフ。

正直、ブルガリアの選手のことを
詳しく存じておらず、
親しみがあるのは
現役を引退したウラジミール・ニコロフくらい?
東レにいた彼は今やチームのスタッフとして
会場でせっせと働く姿を見せてくれました。

 
ブルガリアは太鼓に国旗に
存在感のある応援で、
頼もしい限り。
わずか車で数時間とはいえ、
国を越えてやってくるファンが
2、30人もいるんですから、
国内でも人気はあるのでしょう。

こんな力強い応援があれば、
選手の力にもなるんだろうな…

と、予想通りに第一セットは
互角の戦いでお互い一歩も譲らない接戦。
いつもなら中盤を過ぎると
落ちてくるブルガリアペースも
終盤まで保っていて意地を感じます。

今回はブルガリアが持っていくか…
と思われましたが最後の最後、
セルビアのホームのパワーが勝り、
25-23でセルビアが取りました。

??????????????????????

第2セット。
今度こそ、ブルガリアの爆発か?
序盤の勢いから、そんな予感を感じますが、
中盤以降崩れ始めます。

というか、セルビアの調子が
ここ最近に珍しくいいのです。
アタナシエビッチが止められることなく
気持ちよく決められていて、
勢いが止まりません。
中盤調子を落としていたリシナツも、
クイックが決まりだし頼もしい限り!
コバチェビッチ兄弟のレセプションも
上手く返っているし、
時間を追うごとにどんどん、
チームが良くなっていっています。

サーブも皆、好調。

???????????????????????????????

欲を言えばキルブロックが
もっと欲しいところでしょうか。
それでもブルガリアの攻撃を
一度で決めさせていないのは立派なものでした。

???????????????????????????????

そんなブルガリア、
決定率がなかなか上がらず、
気が付けばソコロフがコート外へ。
そのままは勢いダウンし、
最終的には、25-21と第2セットも
セルビアが連取しました。

 
セットカウント2-0。
これで試合が終わるのはなんだか物足りないな…
とブルガリアの攻撃に期待しますが、
スイッチが切れてしまったかのようなブルガリア。
もう、修復不可能のよう…

序盤から大量リードを許し、
完全セルビアペース。
余裕を見せたセルビアは、
コバチェビッチ兄とイボビッチを交代。
さらに中盤にはたった一人のオポジット
アタナシエビッチを下げて、
ウイングのペトリッチをオポジットに。

なかなか見られない構成、
これはまた面白い試合でした。

??????????????????????

結果は3-0で
セルビアの2連勝。

??????????????????????

セルビアメンバーの喜ぶ姿が見られるのは
本当に嬉しいことですが、
欲を言えば、もっと長く試合を見たかったな…と。

それに、ブルガリアが
ここまで行き詰まってしまった姿が
少し切なくもあり…
試合中に揉める対戦を見てきた分、
マナーのいいブルガリアに
好感を持ちながらも、
もしかしたら試合に対する貪欲さが
見られない証拠でもあったのかな?と
思うのでした…

(9)へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中