投稿者:

2014WL in SERBIA(10)~セルビア最終日

この旅の最大の目的でもある
試合観戦…ニシュでの2試合目が終了。

ノビサドの会場と同様に、ここも
コート内には侵入できないようになっており、
観客席から選手を呼ぶファンたちの姿がありました。

律儀にファンのもとへ歩み寄る選手や、
知り合いとの再会を楽しんでいる選手。

やがて、ある程度の観客が退場し
人数が少なくなると、
セキュリティーのお兄さんが
コート内へ入ってもいいと許可。
それを分かっていたのか
粘り強いファンは一目散に
お目当ての選手に向かって行きました。

020a

やはりここでも思うことは、
若い子が多いな…ということ。
いい年した私年代のオバサンの姿は
ほとんどいません(笑)。

外にも出待ちのファンが
たくさん待ち構えていました。

024a

サインや写真など積極的にお願いし、
それに応える選手たち。
疲れているにもかかわらず、
ちゃんと対応しています。
わずか10mのバスまでの距離を
じっくりじっくり、時間をかけて対応しながら
進んでいました。

バスに乗り込んだ選手たちを
若い女の子たちと一緒に見送れば
これでこの旅の予定が全て終了。

・・・全部、終わってしました。

ホテルに帰って荷造りをしながら
友人と思い出を回想。
楽しかった出来事を巡らせながら、
皆幸せそうな笑顔で笑い語り合います。
それぞれ、まだ現実には戻るには時間がかかりそうでした。

 
浅い眠りで翌日、4:30起床。
ホテルをチェックアウトし、
タクシーでバスターミナルへ向かいます。

005a

チケット売り場で5:55発の
ベオグラード行を購入したつもりが、
到着時刻の9:30発の便と間違えられていたよう。
それに気づき慌てて変更をお願いし、
正しいチケットを再発行してもらいました。

002a

3人いれば、
一人で意識が回らないところにも
ちゃんと行き届くから、
トラブル回避も万全。
これが一人だったら、
間違ったチケットのままだったかもしれません…
そう考えると、コワイコワイ…

004a

赤い「ニシュエクスプレス」の可愛いバスに揺られ、
案の定、2時間半の旅は爆睡。
もう外の景色も気になることなく、
ぐっすりと寝入ってしまっていました。

 
ベオグラードへ到着すると、
ちょうどタクシー勧誘につかまり、
ちょっと高いけど2000ディナールで空港までお願いすることに。

往路は1800ディナールで
空港→市内を移動したことを思うと
200ディナール(200円程)の損。
日本人なら、まいっか!と納得してしまう価格ですが、
恐らくセルビアではこの200円も、
大きいのでしょう。
タクシー15分相当の値段と考えると、確かに…

それでも突然大雨に降られたことで
この選択が正しかったと確信します。
旅はお金も時間も、手間も、
いろんなことを考えて最善の方法を
選択する思考能力を必要とします。
故に、これでよかったのだと納得。

車窓から、1年前の景色と変わらない
広々とした畑を見ながらベオグラード空港へ向かいました。

007a

カウンターでチェックインをして、
出国をしたら、
もう、あとは飛び立つのみ…。

大好きな…そう、この旅でさらに好きになったセルビアを
離れなければならない時がきました。
短かったセルビアでの4日間…
でも、密度の濃い4日間。

試合観戦やセルビアのお友達との時間、
絶景の眺めに、ボリューム満点の食事、
飛び入り参加したダンスに、
なぜか公園で出会ったおじさんに綱渡りまでさせられたっけ…

一人じゃ経験できないことを
たっぷり経験させてもらった今回の旅。
出会ったたくさんの温かいセルビア人が
旅をより一層魅力あるものに
演出してくれました。

そんなみんなにありがとう!
そして、、、さようなら…。

014a

アブダビ行きの飛行機は
トラブルなく無事に空へと飛び立ちました。

(11)へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中