投稿者:

ポーランド・イタリア・トルコリーグ観戦の旅(19)~LUBE vs Fenerbahçe(TUR)

残念な事態・・・
それはニキッチの怪我。
1週間前の試合で怪我をしてしまったようで、
会場には来ていなかったのです。

しかも、ミリュコビッチも故障中とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LUBEで8年プレーしていたミリュコ、
さすがにこの体育館の
オープニングマッチには、
キャプテンとしても、
第2のふるさとへの里帰りとしても、
来ないわけにはいかなかったのでしょう。

チャンピオンズリーグ
レギュラーR最終戦、
LuBE vs Fenerbahçeは、
少々物足りなさを抱きながらの
始まりとなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
それにしても、観客は熱狂的!
赤白の紙を手に、
老若男女が叫んでる!
一緒に観戦することになった、
友達の息子さんの
クラスメートの女の子たち(17歳)は
バレー観戦が初めてと言いながらも
盛り上がってて楽しそう。

???????????????????????????????

会場内、会話をするのに
大声を出してたら、
とうとう最後には喉を潰し、
声が出なくなってしまいました・・・

 
試合はフェネルバフチェが序盤リード。
相変わらず?スロースターターのLUBE、
この体育館での初戦は
何としてでも勝たなければならないのでは・・・?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心配を抱く観客。
もちろん、それは選手が一番
感じていることでしょう・・・

ザッビのアタックは、
なかなか効き目がありませんでしたが、
その分ブロックで貢献。
代わりにクレクが頼もしい決定力で、
点数を稼ぎ、
LUBEの真骨頂、スタンコビッチ、
ポドラスチャニンのブロックが
効果的に仕事し・・・
あっという間に覆し、
第一セットをLUBEが奪い取りました。

???????????????????????????????

後になって聞いた話ですが、
実はこの時のFenerbahçeは
故障者だらけだったそう。
セッターも、リベロも、
レセプション(WS)もオポジットも、
Bチーム。
それは本来の力が発揮できなくても
仕方がありません・・・

どうりで、ミリュコビッチも笑顔です。

???????????????????????????????

不運に見舞われたFenerbahçe、
今季苦戦しているのは、
そういう事情があったからなのだと
後になって気づくのでした・・・。

 
LUBEも今季は苦戦していますが、
さすがにこのFenerbahçeには
余裕の展開。

???????????????????????????????

この日はクレクが活躍してて
嬉しい限り。
ナショナルから外れても、
ちゃんと居場所を確立していて良かった・・・と。
そして、スタンコビッチがまだまだ
トップで有り続けていることを確認し、
これからのナショナルでの在籍を
期待するのでした。

 
第2セット、第3セットもLIBEペース。
終わってみれば
25-14、25-15、25-21という
LUBEの圧勝!!

???????????????????????????????

新体育館で幸先のよいスタートを切れ、
さぞかしファンも喜んでいることでしょう。

と、思ったら、
マチェラータ在住のバレーマニアの友達は
「BAD GAME…」と嘆いていました。

チームが勝つだけではなく、
内容のいい試合を見たい・・・
気持ちはとってもよく分かります。

なかなかすべての試合で
見応えのあるものを見れるわけではない
スポーツ観戦。
だからこそ、白熱する試合に巡り会えるのは
幸運なことであり、
価値あるものとして心に残り続けるのでしょう。
そう、38得点のあの試合のように・・・。

???????????????????????????????

(19)へつづく・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中