投稿者:

2015WLセルビア大会観戦の旅10~SER-ITA2試合目(ベオグラード)2

対戦相手のイタリア。

ランザは若干ミスが気になりましたが
でも、終盤、ここぞという時の
集中力が素晴らしい!!
ミスが許されない状況の方が、
いいサーブを入れられる気がします。

サッビのスパイクは憎いくらい
速くて止められない・・・
サーブでもやられ
スパイクでもやられ、
残念ながらルカよりも
オポジットとして機能しているように
思えました。。。

それにしてもトラビカ、
なぜにミドルを使わない!
いや、実際使ってもトスが低く、
決定率を上げられてない!?
結局、後半、セッターは交代に・・・。

ミドルもアンザニに替えて
第2セットからメンゴッツィを投入。
今シーズンから初めて見る彼、
一体どんな選手なのか・・・と
じっくり観察。

いやぁ、なんとも
サーブの打ち方が独特。
しかも最初の2発は
プロのバレーボーラーっぽくないミス・・・
なんて失礼なことを言いつつ、
観察を続けると、
その後はちゃんと
入れられていました。

 
それにしても
ザイツェフが面白い!!
プレーがというより、
喜び方など、合間に見せる
パフォーマンスが最高です!!
ゴリラのように叫んだり、
犬みたいにヘラヘラ笑ったり、
ときには握りこぶしで、
仲間の頭を連打して
健闘をたたえる?動きも。

こんな面白い選手だったか・・・と
目を疑うほど・・・
敵ながらついつい見てしまい、
その度に笑わせてもらいました。

ザイツェフ、プレーに関しては、
やはりまだ不調が続き、
フラストレーションが
溜まっているよう。

サーブも効かないし、
このポジションは、彼にとって
相当負担がかかっているのでしょう・・・
何だかちょっとだけ、
かわいそうな気もしてきました。

というか、、、
イタリアの人選に疑問。
どうしてミドルに
マッテオやブティを
呼ばなかったんだろう・・・
2人はユーロ五輪にも、
確か行ってないはず。

そして若きセッタージャネリも
ここで経験を積ませるべく、
連れ来ればよかったのに・・・

いい選手が沢山いるイタリア、
本当の力が全然出せず、
そしてチーム力も上がらず、
とってももったいない気がするのでした。

DSCF7569a

 
そんなイタリアに
なんとか接戦で粘るセルビア、
1セット目と3セット目は
デュースの末取ることに成功し、
2セット目はあっさり、
4セット目は惜しくも取られます。

DSCF7564a

様々な選手を使い
全員で挑むセルビア。
ポドラスチャニンの顔面レシーブ、
ニコラのナイスキックなど、
ファインプレーも飛び出して、
ワクワクハラハラドキドキ。

イタリアもザイツェフから
ジョヴィをレシーバーとして使い、
レセプションを強化する対応などを見せます。

そして・・・
5セット目もとうとう
デュースにまでもつれる展開に。

正直、何がどうだったか
記憶にありません。
ただセルビアが勝って欲しい、
喜びの笑顔が観たい!と、
必死に力強く応援。

でも、今回も不思議と負ける気が
しなかったんです!

そして、その直感は見事的中し・・・

DSCF7574a

フルセットの上、
デュースの末の勝利を
見事果たしたのです!!

長くてドラマチックなこの展開・・・
ポイント的には2点ですが、
でももう、
ファイナル行きが決まっているので、
点数はいいんです。
試合が長く見られ、
そして勝利で負われれば最高!!

DSCF7583aa

セルビア選手の笑顔を見ながら、
ただひたすら幸せに
浸っていました。

 
浸り過ぎてたらいつの間にか
コート上が観客の海に・・・

DSCF7585a

大人気のセルビア選手たち、
ファン対応に大忙しです。
ちびっこの私は
踏み潰されることを懸念し、
ここで上からじっくり観察。

前回、機嫌が悪く
ファン対応をしていなかった
ザイツェフも今日は対応し、
セルビアファンを満足させていました。

 
試合後、会場外にも
ファンたちは待ち構えていました。

友達とその様子を観察していたら、
一人の男の子が目の前に。
彼は私たちに
「日本人?」と英語で質問してきました。

そうだよと対応する友人。
小学生(中学年くらい)のその子は
日本人に興味があったのか
そこからしゃべりまくります。

気が付けば同級生らしき男の子や、
中学生くらいのお姉ちゃん、
そのまたお友達も加わり
子供たちの団体に。

名前や歳を聞かれたり、
アニメの話をしてきたり、
好きな選手の話も。

男の子はアレックスとの写真を
自慢げに見せてくれ、
でも写りが良くないから、
もう一回撮るんだ!と
意気込んでいました。

地元の子供たちに混じって
わいわいと選手の出待ち。
彼らがどんなふうに
選手を思っているか、
どんな風に絡んでいくかが
よく分かり、
とても新鮮なひととき。

もらったサインを
嬉しそうに見せてくれたり、
みんな11時を過ぎてもハイテンション!

最後にはお迎えにくる
お父さんを待ちながら
SNSのアカウントを教え合い、
しっかりお友達となりました。

そんなめでたしめでたしの
別れ際・・・
さよならの挨拶を交わし、
去っていこうとする男の子が
最後に私に向かって一言。

「You are short!!」

・・・

こ、このタイミングで・・・

まぁ、それだけ
伝えたかったことなのでしょう・・・

確かに男の子と同じくらいの身長で、
そりゃ、私はちっちゃいですけどね。

でも、、、
大爆笑で手を振りながら、
こんなやりとりができたことが嬉しく、
少しだけ、
この身長でよかったと
思うのでした。

(11)へつづく・・・

広告

2015WLセルビア大会観戦の旅10~SER-ITA2試合目(ベオグラード)2」への2件のフィードバック

  1. イタリアは、バレーに限らずスポーツ全般に強いイメージがあります。サッカーとかモータースポーツなども。

    そんなイタリアにこの時は、勝利したんですね。しかも、こんなに劇的に。
    日本から応援に行かれた、情熱の賜物だと思います。

    現地の方々とも、交流されているようで、すごいなと思います。
    遠く離れた知り合いと地球規模で連絡を取り合うのは、私からすると想像もできません。
    インターネットやSNSの本当の使い方のような気がします。

    You are short.

    その場の楽しそうな雰囲気が感じられて、読んでいて私も楽しくなりました。

    子供たちにとっては何気ない一言も、受け取る側にパワーを与えてくれますね。

  2. この時の勝利はホントに嬉しかったですね!!
    一度勝っているとはいえ、反撃に燃えるのは目に見えていたので、危ないだろうなと…^^;
    応援した甲斐がありました!!

    Facebookがあるお陰でいろんな情報が得られたり、現地の人と仲良くできるので、本当に有り難いです!!
    私は人見知りなので、大抵友人が先に繋がってくれるので、そのお陰なんですけどね^^;
    セルビアの子供たちは陽気で本当に面白かったです♪
    セルビアの選手が大人になっても無邪気なのがわかる気がしました(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中