投稿者:

地球半周バレー観戦の旅105~チビタノーバ

到着した場所はチビタノーバ。
最後の滞在場所はここ、
LUBEのホームタウンで
締めくくりの観戦をすることにしました。

ペルージャがCEV CUP入替戦で
ロシアに行くように、
ちょうど欧州チャンピオンズリーグも
この日に試合が組まれており、
観戦後、夜行バスで向かえば
なんとかローマ空港からの帰国便に
間に合うことが判明。
よし、見れるなら見て帰ろう!

やっぱり最後はバレーで〆ないと
この旅らしくない(笑)と、
最後の最後まで弾丸観戦を
試みることにしたのです。

というわけで、
最終日3月2日(火)は
チビタノーバで始まりました。

IMG_2918

ホテルでの朝食時、
おひとりさまの多いレストラン内、
隣に座った黒人男性に、
声をかけられました。

どこから来たの?
どのくらい滞在するの?

身なりの整った彼に
怪しさは感じられず、
礼儀正しさを受け取ったので、
私は迷わずに返答します。

逆に質問をし返すと、
彼はナイジェリア人で
靴の買い付けに来たといい、
イタリア各地を転々としていることを
教えてくれました。

何しに来たの?

これを聞かれてしまったら、
私のトークは止められません(笑)。
バレーを見に来たの。
あなたはバレー好き?
バレー見る?
ナイジェリアではバレー人気ある?

残念ながら彼はサッカーが好きで
バレーはあまり見ないとのこと。
それでも、なんで見ないの?
面白いのに!と
言っておきました。

そこから話は発展し、
イタリアはどう?と聞いてくる彼。
親切な人が多いね、と答えると
続けて日本はどう?と聞いてきます。

日本は…
一瞬考えながら、
東京の満員列車の
サラリーマン衆の押し合いが浮かび、
日本は親切じゃないよ、と答えた私。

なんで?と聞かれ、
日本はみんな忙しくて
イライラしているんだと、答えると、
残念そうな顔をしていました。

うーん、うまく言いたいことが
伝わったかなぁ…

そんな風に考える一方で、
こういう話が普通にできていることに
喜びを感じる私。

異国の人と交流が
持てることもですが、
そして旅を始めた時よりも、
自然と英語が出てくるように
なったような気がして
嬉しくなるのです。

あぁ、もっともっと、
いろんな人と英語で会話したい!!

英語を避けるようにしていた私が
まさかこんな風に感じる日が来るとは、
全く持って予想外(笑)。
しかしながら、明日は帰国に途に…
旅が終わってしまう悲しさを
しみじみと感じるのでした。

きっと旅を続けていれば
ここからもっともっと
楽しくなるんだろうな…
そんなことを思いながら
ふらっと体育館まで
チケット購入に向かいます。

IMG_2919

静かな体育館前の駐車場に、
時折車が入ってきて、
チケットの窓口へと向かう人影。
私も同じように窓口へ向かいました。

窓口の周りにはオジサマ集団が
たむろし話し込んでおり、
体育館を覗き込んでいる私を見て
中に入っていいよーと
言ってくれます。

IMG_2922

場内へ入りロビーからさらに覗き込むと
見えてくるコート。
なんだか練習が始まりそうな
雰囲気ムンムン。

お、これはチャンス!
おじさんに見てもいい?と
ジェスチャーで尋ねると
いいよいいよ、と許可をもらえました。

 

初めて見るLUBEの練習。
なんだか、緊迫した雰囲気に
包まれています。

モデナやペルージャの
笑いの起こる空間とは
全く違う空気。

うーん、
モデナが男子校のノリ、
ペルージャが私立校の自由なノリ、
だとしたら、LUBEは
優等生が集まった、
進学校の空気でした。

緩みがない隙がないような
練習風景。
チームによってこんなにも、
空気感が違うんだなーと実感。
こういう発見も思い出として
記憶に残ります。

各国のバレーに関する
様々な風景が記憶され、
私のバレー頭の中のファイルは
いっぱいになっていました。

106へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中