投稿者:

地球半周バレー観戦の旅110~帰国

2か月ぶりの日本。
出発した1月に比べ
すっかり温かくなり
ダウンコートではちょっと
恥ずかしい装いになっています。

浦島太郎状態ですが、
降り立ってしまえば
いつもの日本、
あっという間に馴染みます。

悲しいかな、
本当に2か月間
旅行していたのかなと
疑ってしまうほど…。
ここにいることが当たり前で
なんだか旅が夢だったような
気分にさえなるのでした。

 

到着したら荷物を受け取り
携帯の電源をON。
すると母から
こんなメールが届いていました。

「ジェットスターから
連絡がありました。
今日の便について
連絡を取りたいそうです。」

この後、4時間のトランジットを経て、
ジェットスターで
福岡へと飛び立つ予定だった私は、
ちょっと嫌な予感を抱きつつ、
早速、ジェットスターへ電話。

すると、、、開口一番
聞かされた言葉…それは、
「この度はご迷惑をおかけしまして
大変申し訳ございませんでした。」
そんなお姉さんの謝罪でした。

え!?
どういうこと??

何も知らない私は
「ご迷惑」に思い当たる節がなく
聞き返します。

すると、焦りながらさらに
謝罪するお姉さん。
続けて、予約便が
欠航になっていることを
告げられたのです。

欠航…
悪天候ならまだしも
ぽかぽか陽気の晴天。
納得できない気持ちの一方で
なぜかこみ上げる笑い。

いい加減だといわれる
海外、ヨーロッパ圏で、
フライトは全て順調だったのに、
定評のある日本で
まさかの欠航とは…
ラッキーなのか
アンラッキーなのか
一体どっちだ(笑)。

日本ということで
言葉も通じるし、
何も問題がないけど、
これが海外で起こっていたら、
どうやって切り抜けたんだろ…
そんな想像をしながら、
不安よりも先に、
ワクワクしている自分がいました。

幸運にも明日の早朝便に
空席が1つあるということで、
なんとか席は確保。

帰宅後、急ぎの用事が
あるわけでもないので、
じゃあ、ちょっと
東京でのんびりしていこう…
そんな余裕な気持ちで受け入れます。

ただ、どこで夜を明かすかだな…

これがLCCじゃなかったら
宿泊のホテルも
手配してくれるのでしょうが、
残念ながらそんなサービスはナシ。

宿を取ろうか…?
いや、でも早朝出発だから
結局バタバタしてしまうなぁ。

ならば、空港に泊まろう!

最後の最後まで
私らしい貧乏旅(笑)。
LCCが普及し、
空港泊ができるようにと、
スペースが設けられていることを
耳にしたことがあったので、
そのスペースを探し出し、
雑魚寝スペースで
夜を明かすことにしたのでした。

 

夜が更け眠ろうと思っても
時差ぼけのせいで
目はパッチリ、頭は冴えまくっています。

今頃ヨーロッパは夕方。
みんな、何してるかな…
友人たちの顔が目に浮かびます。
眠れない長い長い夜。
その間中、考えていました。

今イタリアの友人たちは
何をしているのか…。

ポーランドのお友達は
元気にしているか…
ブラジルの友人たちは、
どんな風に
過ごしているのか…。

時差を認識して初めて
日本へ帰ってきたことを
感じます。

だけど、離れていても
想像できるんです。
きっとこんなことして
楽しんでるだろうな…と。

現地で彼らの生活を
見てきたからこそ、
できる想像。
それがあるから、
距離や時差があっても
存在を近くに感じます。

旅の最後には号泣するな…
と思っていましたが、
これが全く正反対。
こんな風にふっと思い出すだけで
心が温かくなり
笑顔になるんです。

自分のやりたいことをやり切り、
満たされた気持ち。
まさかこんな風に
旅の終わりに感じられるとは…

羽田空港のベンチで、
大好きな歌のこんな歌詞が
頭を巡っていました。

♪心の中にある道しるべ
君だけがたどり着ける場所へ
ひとつつ進んでまたひとつ
もう突き動かされるままに。

道なき道を踏み出せば
新しいキセキ作れるから
誰のためでもない
最後にはきっと笑うさ
Believe in your smile♪

まっさらな地図に
私は自分でルートを作り、
道なき道を進みました。
そしてそれが軌跡となり、
たくさんの奇跡を
見せてもらいました。

旅で立ち寄り、
そこで目にしてきたもの…
それは私だけが、
たどり着け、そして
見ることができた風景。

これが今の私の全てを
注ぎ込んで作られた軌跡。
自信とプライドをもって
そう言える旅でした。

 

明け方4時、
真っ暗な中ターミナルを移動し、
6時に離陸。

20本目のフライトは
西に向かって無事に
飛び立ちました。

・・・・・おしまい・・・・・

広告

地球半周バレー観戦の旅110~帰国」への7件のフィードバック

  1. 私にとって、兼高かおる、 椎名誠、開高健に
    肩を並べるぐらい面白い旅の語り手でしたよw
    夢を求め続けることの出来る人は、とても素晴らしいです
    もし、また何処かで筆者様の冒険譚が読める事があればw

  2. 読んでいただき、本当にありがとうございます!!
    そんな風に言っていただけて、恐れ多いです…><
    時々、なかなか言葉が見つからないこともあって、投げ出したくなったりもしましたが、なんとか書き上げることができてよかったです…^^;
    次はいつになることやら。。。
    でも必ずまた、冒険します(笑)!!!

  3. 通りがかりで見させてもらいました!外国のバレーに興味があります!よろしければ教えてほしいのですが外国にはどこの国にリーグがあったりするのですか?
    いきなりで申し訳ありませんがとても興味があります。
    よろしくお願いします。

  4. それぞれの国にリーグはあるようです。
    世界ランキング上位の国でないのはUSAとかオーストラリアとかですかね?
    ヨーロッパ中欧は何ヶ国かで一つのリーグを組んでいるとか聞いたことありますが…
    すみません、好きな選手のいるリーグしかわからないもので、詳しくなくてごめんなさい。
    そして返信遅くなって申し訳ありませんでした^^;

  5. はじめまして。
    私も世界のバレーが好きで色々ネット検索してて偶然見つけたブログ。
    出発〜帰国まで一気に読ませてもらいました。
    とても面白くて、羨ましさや憧れ、尊敬、色んな気持ちが生まれました!
    いつもパソコンの前でわからない言葉を聞きながら一人で楽しんでいるだけの私ですが生観戦する後押しをしてもらえた気がします。
    今の私の環境では海外に行くことは難しいですがまずは国内から、そしていつか‥ほんとうにいつか‥海外の地で観戦できるようになりたいです。

    素敵な記録に感謝です。
    ありがとうございました!

  6. しおんさん、ブログを読んでいただきありがとうございます!!
    そして、わざわざコメントまでいただけて光栄です!
    世界のバレーがお好きで…とのこと、同じファン仲間として、よく分かります。
    パソコンの前でわからない言葉を聞きながら一人楽しんでいるだけ…
    英語ならまだしも現地の言葉は全然分からないし、周りには海外バレーを熱く語れる仲間がいないし…(笑)
    なので、ぜひ、いつか生観戦へと旅に出ていただきたいです♪
    その時はできる限りお手伝いしますので、おっしゃってくださいね^^

    今は私も仕事が休めず、海外観戦は夢のまた夢ですが、またいつか絶対に行きたいと思っています。
    その時はまたブログに記録を残したいと思っているので、お立ち寄ろいただけると嬉しいです^^

  7. わざわざお返事ありがとうございます。
    私も周りに世界バレーどころかバレーファンもいないので語ることもできないし、観戦も行けないと思ってましたがH.Mさんのブログを読んで、一人でも行ける勇気が芽生えてきました!
    ちょうどVリーグが始まったので日本バレーから慣らしてみようかな‥。なんて。
    そして今日再びブログにお邪魔させてもらったら、世界一周編も発見。
    また今夜も夜更かし決定です。笑
    今からワクワクしています。
    ありがとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中