投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅17~再びポーランドへ

チビタノーバでの朝は
4:15起床。
そうです、今日も
弾丸ハードスケジュール。

5:10にホテルを出て
ローマの
ティブルティーナ駅前まで
長距離バス移動。

そこからは地下鉄と
列車、路線バスを乗り継ぎ
LCCでおなじみの
チャンピーノ空港へ向かいます。

今回はWizz Air。
またまた5000円もしない航空券。
ですが、ここでちょっと一苦労が…。

LCC特有の預入荷物料金を
抑える為、
全荷物を持ち込む私は
搭乗前に再荷造りを
しなければなりません。
ルールに従うべく、
手荷物をスーツケースに
ぎゅうぎゅうに詰め込んで
一個にまとめました。

が、荷物問題が片付いても
もうひとつ、
気がかりなことがあるのです。

それは、チケットの名前敬称。
予約するときうっかり
MRで取ってしまうという
なんともアホなことをやらかしてしまって…

搭乗時刻、ゲートでは
明らかに荷物のルールを
守っていないお客さんに
ちゃんと指摘をし、
荷物をまとめさせていた
お姉さんにひやひや。
私のMRもバレるか!?
ビクビクしながら
搭乗券を見せたら
気付かずスルー。
難なく通り抜けました。

やった!

一山超えたところで
安心のフライト。
でも、まだまだ今日は
冒険が続きます。

到着したカトヴィツェからは
直前に予約した空港バス移動。
わずか定員15名ほどの
小さなワゴンバスで
クラクフへと向かったら、
いよいよ最後に長距離バス移動。

と、全てが順調でしたが、
ここへきて暗雲が…

ラスト、ジェシュフ行きのバスが
遅延でなかなか来ないという
ありそうだけど今までなかった
トラブルにやられました。
遅れることの少ない
安心のポルスキバスなのに
今夜はレセプションが
11時までしか開いていない
ホステルなのに…

どうしても遅れられない
到着時間。
焦る私は赤いバスが到着する度に
そわそわ。
そんな姿を見かねた青年が、
どこ行くの?
ジェシュフ?
これはいかないよ?
と親切に教えてくれました。

彼のおかげで、
間違ったバスに乗り込むことなく、
無事に乗車!
とはいえ時間との戦いはその後も続きます。
なんとか間に合ってくれー
心から祈り続ける2時間。

午後11時前、
到着したバスターミナルから
雪のちらつくジェシュフの街を
スーツケースを引きずり
駆け足移動。
やっと着いたーと喜ぶのもつかの間、
ホステルの入口が分からず
ドギマギ。
雪の中、荷物を手に
うろうろする怪しげな
小さなアジア人に、
飲み会帰り風の若者が、
何を探してるの?
ホステル?
電話してみたら?
と助け船。

携帯電話がなかなか
取り出せない様子を見て
青年は代わりにレセプションへかけてくれ、
なんとか無事にホステルへと
辿りついたのでした。

私の遅延と
チェックインの作業で
20分の残業になってしまったお姉さん。
本当にホントに申し訳ない限り…
それでもホステルルールを
わかりやすく説明してくれ、
ホントに助かりました。

ホステル探しを手伝ってくれた
ジェシュフの青年たちも
ポルスキバス待ちの青年も
本当にありがとう!

やっぱりポーランドは
私受け入れてくれる
ステキな街。
今夜もトラブルからのいい出会いに
感謝です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中