投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅51~PlusLigaセミファイナル

ポーランドファンの
バレーに対する思いの熱さは
十分に分かっているつもりでした。
それを肌で感じられるライブ観戦は
大興奮するので大好きでした。

しかしそれはあくまでも
勝敗に関わらない範囲でのこと。
アウェーでの対戦において
ホームを敵にまわして
声援を送るという行為が、
どれだけ恐怖を感じるものなのか…
ここで身をもって
思い知ることになりました。

4月12日
PlusLiga、セミファイナル
第2戦目。
レソビア対スクラ。

1戦目をストレートで落としている
レソビアにとっては
スクラに2セットを取られた時点で
ファイナル進出は絶たれます。

よって「食いだおれ人形軍団」なんて
暢気なことはいえないくらい、
会場は闘志が充満。
声援の声もいつもよりパワーを
感じました。

とはいえ、試合前は
やっぱり和やか。

リシナツとイボビッチは
先の勝負とは無関係に
仲良く立ち話しています。

相変わらずこういう場面に
反応する私…。
これもひとつの楽しみで仕方ないのです。

でも試合後この2人のうち
どちらかが笑わなくなるなんて
切ないな……。

スクラが1戦目を
ストレートで勝利したとはいえ、
この敵地では簡単に勝てるとは
全く持って思えず、
頑張って声援を送ります。

だけど、怖すぎる会場…
一部のスクラ応援エリア以外
ほぼ100パーセント
レソビアの応援。
場違いな応援をする
不届きものは
後ろからどつかれるんじゃないかと
スクラに拍手を送る度にひやひや。

特に第一セット終盤、
リシナツが珍しく
審判の判定不服を申し立てた時。
周囲のリシナツに対するブーイングは
鳴りやむことなく
会場一体となって彼を責めてきました。

いやー、刺されちゃいそう!

ブラジルもイタリアも
熱くなるのは一緒だけど、
でもここまでの恐怖を感じることはなかったな…
国民性かブーイングも楽しみながら
笑いを交えて応援するような
雰囲気があっただけに
お遊び感のない超真剣なポーランドは
まさに「戦場」に思えました。

恐るべしポーランドファン。
温厚なリシナツも、
この時ばかりは
「あー、もういいよー」と
両手で振る払う仕草で
反応してしまい、
これに、さらに会場が炎上。
彼の身がとても心配になるほどでした。

それだけファイナル進出というのは
ポーランドバレーファンにとって
大きなことなんでしょう。

でも、
居心地の悪さを感じながらも
私だってここでひるんでは
バレーファンのプライドが許しません。
叩かれてもいい!
刺されてもいい!
覚悟を決め両手を
目いっぱい上に上げ
拍手を送り続けました。

この日はクレクが大大大活躍!
こういう逆境こそ
燃えてしまうタチ?
恐るべしサービスエース5本!!
3週間観戦から離れている間に
完全復活したクレクが
ここにいました。

その活躍のおかげで試合は第4セットで決着!
最終セットを待たずして
2セット目ゲットしました!
このレソビアを下して
ファイナルに進めるなんて
もう夢のよう!!
最高~!!!

まさかスクラが
ファイナルに進めるなんて
正直思っていなかった(笑)。

セリエのファイナルだけでなく
ここでもファイナルの夢が
実現することに
喜びを隠しきれず、
この先の予定を変更し
最後まで見届けることを
決意したのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中