投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅57~さよならポーランド

ポーランドリーグを
ファイナルまで見届け、
ここを去る日が来ました。

相変わらず
シーズンが終わったという寂しさで
押しつぶされそうな苦しさ。
あぁ、なんとも切ない…

昨晩、スクラのバスを見送る時に
サポーターの女の子に
声をかけてもらい、
初めてスクラファンの
お友達ができました。
やっと一緒に応援できる
語り合える
仲間ができたのです。
なのにシーズン終了…
あぁ、一緒に観戦したかった…
これもまた
寂しさを強める原因でした。

でも、切なくて苦しい思いは、
きっと幸せの裏返し。
たくさんの思い出を作れたから、
これを大切に温める時間も
必要なのかもしれません。

ホテルをチェックアウトした際、
車が待ち構えたように近づいて来て、
「駅まで送るよ!」と
言って乗せていってくれた
優しいおじさまがいたり、
列車から降りるとき
荷物持ってあげるから!と
ひょいと下ろしてくれたおじさまも。

ショッピングセンターで
大荷物持って歩いてたら
ドアを開けて待っててくれた
親切なお姉さん。
最後の最後まで
親切にしてもらい
離れたくなくなるポーランド…。

次の訪問が楽しみになるような
テキな思い出が沢山出来た!
そう言い聞かせ、
次の目的地へと飛び立ちました。

マドリードを経由して
ローマ空港から
イタリア入り。
これで最後の入国です。

さー、最後のイタリア、
ラストスパート!!

が…意気込みむなしく
遅れに遅れまくる
空港からチビタノーバへのバス。

セリエA1ファイナル1戦目となる
ルーベ対トレントを観たいのに…。

ペルージャが敗退したことで
ファイナルの観戦意欲が
薄れたのか
残念ながら会場に到着したのは
試合が終了した直後。

試合は全く見られず
チビタノーバで待ってくれていた
現地の友人と
ピザを食べて帰るのみでした。

あ、でも、一つだけいいことが!
会場で豊田合成の
イゴール・オムルチェンに
遭遇したのです。

「こんにちは~」と
日本語で話しかけると
驚いたような表情のイゴール。
この時期にここにいるってことは
黒鷲に出ないのかな?
気になって聞いてみると、
「出ないよ、また次のシーズンね…」と。

優しいイゴールは
「どこの出身?」
「長崎?」
「じゃあ、古賀幸一郎・太一郎と一緒だね」
と話もしてくれました。

この様子にイタリア人の友人は
大喜び。
2人が日本語を話してる~と。

日本ではイゴールと
話したことはもちろん、
会ったこともないし、
試合を見た記憶も何年前だったか
思い出せないくらいなのに…
まさかのイタリアで遭遇、
不思議な時間でした。

広告