投稿者:

2017欧州3ヶ月の旅65~セリエファイナル3戦目inチビタノーバ

5月7日(日)
雨雲の立ち込める中始まった
セリエA1 ファイナル第3戦目
ルーベ対トレント。

5戦中、先3勝で優勝が決まる
この決勝戦、
第1戦、第2戦と勝利を重ねて
これで決着を付けたいルーベに対し…

それを何が何でも阻止したいトレント。

さぁ、勝つのはどっち!?

前回同様、スタメン全員と
熱い抱擁を交わすルーベキャプテンが
試合開始直前のコートにいました。

前回の試合後、
足を引きずるように歩いていた
ソコロフを見てしまい、
相当な負担を負いながら
闘っていることに気が付きました。
だけど、この日は
それを感じさせない活躍ぶりで
びっくり。

ユアントレーナも相変わらず
頼もしいし、
スタンコビッチも安定してる。
だけどこの日は誰よりも
コバルが冴えていました。

この優等生ルーベ軍団の中、
強いてマイナス面を上げるなら
コバルの浮き沈みでしょうか…。
サーブはいいのに、
スパイクが決まらないとか、
すごいいいパフォーマンスが
いっぱいあるのに
周りが恐ろしくいいだけに、
彼のちょっとしたミスが
気になってしまっていました。

だけど、今日のコバルは
スパイクにブロックにサーブに
出来過ぎた活躍!

そんなルーベは1セット目を
デュースで奪い取ると、
2セット目も続けて連取。
3セット目になって
集中力が切れたか
18点で力尽きセットを渡してしまいました。

一方、この日のトレントは
なかなか決まららずモヤモヤ…
ウルナウトもソレもヤンも苦戦し、
決定力に欠けていました。
なんとか3セット目を奪ったことで
波に乗りたいところ…

しかし、息を吹き返したルーベに
第4セットは大きく離されてしまうのでした。

10点近くの差を付けながら
勝利の瞬間に向け
余裕を持ってゴールを目指すルーベ。
一点一点取るごとに
周囲のテンションの上昇を感じます。

あぁ、これがセリエのファイナルかぁ…

盛上る会場の中、
私はとても冷静に、
試合を見ていました。

本当だったらここに、
大好きなペルージャが
いるはずだったのに…(涙)。

悔しさを隠せず、
羨ましい気持ちでコートを眺めていました。
いつか、この舞台に
ペルージャが立つところを観たい…いつか…きっと……

そう強く願い、
想像をしていたところで、
ついに25点目がルーベに入りました。

広告