投稿者:

2017WLセルビア大会観戦の旅5~セルビア対USA

ノビサド2日目は早速観戦!
まずはカナダ対ベルギー。

いい席を狙ってこの第一試合に合わせ
早めに来場すると、
競争相手はわずかに2人組の青年のみという
ガラガラな場内。
おかげさまで選びたい放題の中、
いい席を確保できました。

1試合目の途中
ぞろぞろとやってくる第2試合のセルビア選手たち。
ふとエンド側に目をやると…
このツーショット!

昨季JTの監督とエース、
ブコビッチとルブリッチ。
おー、何だか嬉しそう~♪
2人はどんな話をしているんだろうか…
気になりながら
何度もチラ見してしまいました。

そんなこんなで始まった
私にとってメイン試合の
セルビア対USA。

どちらかというと
セルビアにとって苦手なイメージのある
アメリカ。
この初戦が
セルビアにとって運命を分けると
私は考えていました。
ここに勝てれば今年もイケる!
と、踏んでいたのですが…

ふたを開けてみれば
全く意味のない予想だったことが判明。
というのも、アンダーソンも
ラッセルもお休みで、
若手育成真っ只中。

そうか、そうだよね、
五輪後のWLだもん、
ここでガチで来る方が不思議だわ…。
自分の読みの浅さを反省しつつ、
アメリカの若手選手陣のお手並み拝見と
させていただきました。

アメリカの若手スパイカーは
粗さがあるものの、
勢いが凄い。
これ、経験積んだら、
怖そうだな…
そう思いつつも、
彼らのミスに大分助けられ、
セルビア余裕の展開。
クリステンソンがいても、
難しいものは難しいのか…
ここ最近、負けなしのルーベで
彼をずっと見ていたので、
苦戦するクリステンソンが
ちょっと新鮮でした(笑)。

セルビアもベテラン2人、
スタンコビッチとロシッチは
しっかり休養。
代わりにミドルは
クルスマノビッチ、
リベロはスクンドリッチ。

いやー、セルビアのミドルって、
どうしてこんなに素晴らしいんだろう!!
と心から思わせられた3セット目。
クルスマノビッチがコートインするや否や
見事なブロックを披露し、
その後もサーブでエースを取るなど
素晴らしい活躍を見せてくれたのです。
いやー、彼も持ってる!
今までこういう役割を
オコリッチがやっていたのに
また新たなスターが誕生!!

リシナツ、ポドラスチャニン、
スタンコビッチと、
第一線で活躍できるミドルが
揃っているのに、
オコリッチにクルスマノビッチ。
セルビアには
いいミドルがあふれ
本当にもったいないと思うのでした。

あと、もったいないと思うのは
オポジットも同様…

スタメンで登場したのは
ルブリッチ。
でも、2セット目、
アメリカにリードされてからは
アタナシエビッチにスイッチ。
ここにはどういう意図があるのか…!?

昨年のWL金で成功したことで
ルブリッチ推していこうという魂胆か、
それとも、もう交代の時期なのか、
逆に、まだまだ若手育成なのか。

どちらにしても
贅沢過ぎるミドルとオポ。
あ、サイドだってそうか!
第一線で活躍する
イボビッチ、コバチェビッチ、
ペトリッチがいる。

魅力的ないい選手が揃っている
今のセルビア代表。
もしかしたら今が一番、
好きな選手が揃った、
私にとっての
ドリームチームなんじゃないか!?

アメリカに快勝し
笑顔を披露するセルビア代表を見ながら
そう確信していました。

6につづく…

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中