投稿者:

2017WLセルビア大会観戦の旅7~セルビア対カナダ

観戦3日目カナダ戦、
昨日のベルギー戦が頭を過り
もう、勝利を飾る想像なんて
全くできなくなっていました。

また、ここでもカナダに
やられてしまうかも…

USA同様若手に移行したカナダチーム。
特に注目と言われていた黒人の
ヴァ―ノン・エバンス。
彼の跳躍力はこの先のカナダを
力強くリードするだろうという
友人情報にもあったように
粗さはあるものの勢いがあり、
ヒヤヒヤする部分もありました。

しかし、セルビアだって
昨日のあの試合じゃ納得できるはず
ありません!
スロースターターのセルビアが
初っ端から全開で
カナダに立ち向かいます。

第1セット、
スタメンだったコバチェビッチを
カティッチに、
第2セット、同じくスタメンのルブリッチを
アタナシエビッチに替えながら
セルビアが自分たちの波を作ります。
中盤にはセッターをヨボビッチから
ブチュリエビッチに替えるなどしながら
これがまたいいアクセントに
なった気がしました。

ブチュリエビッチ、
背は小さいながらにブロックがいい!
彼もまた「もってる」選手だなーと
思わずにはいられません。

スクンドリッチも
さすがリベロ専門職。
マイストロビッチが
まだアタッカーから移行して
間もない分、
彼のパフォーマンスには
安心感が受け取れるのでした。

第1第2セットとセルビアが連取して、
これはこのまま行くか!?
に思われた第3セット。

が、エネルギーが切れになって
失速するセルビア…

ちょっとぐったり気味⁉
しかし、第4セットで復活!!

エネルギーを取り戻し、
しっかりと失セットを1に押さえ
3セットを奪いました。

勝った!
セルビアが3ポイント取った~!!
いえーい!!

実はこれ、私にとって
運命の分かれ目。
ここに私は、密かに
自分の未来の観戦をかけていたのです。

ただの1勝、
だけど私の道しるべとなる
意味のある勝利。
この先のことを思うと
ちょっと気合の入る試合結果でした。

8へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中