投稿者:

2017WLセルビア大会観戦の旅8~ノビサド観光

試合期間の3日間は
合間をぬってフリータイムを
有意義に過ごしました。

まずは観光…
ノビサドといえばこれ!

聖処女マリア教会。

ここから広がるショッピングエリア、
ふらふらとあてもなく
ウィンドウショッピングをしつつ、
街の雰囲気を堪能。
ベオグラードがアジア文化に
影響を受けた半面、
ノビ・サドはヨーロッパ文化に
影響を受けたそうで、
建物も景色も品のある美しさを
いたるところで感じ、
改めてノビサドが好きになりました。

夜はセルビア人の友人2人に
オシャレなバーに
連れて行ってもらい、
夜中まで語らい。
2年ぶりの再会で、
2人とも彼氏ができたと、
幸せ話満載の女子トークに。

翌日は日中、
日本人の友人とお茶しながら
日本語でダラダラトーク…

そしてその夜、試合後は
川のほとりのオシャレな
雰囲気のあるレストランで
ようやく念願の
セルビア料理を堪能しました。

お肉の盛り合わせが
とにかく絶品で、
しかもお腹いっぱいになる量あって、
サラダと飲み物を付けても
一人なんと1000円!!

セルビアに住みたくなったということは
もう、言わなくてもわかるでしょう(笑)。
友人とこれはいいね!と
大絶賛!!
こういう当たりのお店に
なかなか入るチャンスがなかったので、
いいお店を探してくれた友人に感謝です。

そして試合最終日のお昼には
セルビア人の友人とその彼とカフェへ。

彼とは初対面でしたが、
いろんな話をしてくれました。
英語を話すスピードが早過ぎて、
聞き取るのに必死(笑)。
それもそのはず、彼のお母さんは
英語の先生だそうで、
なんと、ポドラスチャニンの
中学時代の先生だったそう。

さすがノビ・サド!
世間は狭い(笑)。

ちなみに、
「彼はいい生徒だったの?」の問いに、
「NO」の答え。
というのも、スポーツ専門の
コースだったようで、
あまり勉学に勤しむ時間はなく…
特別、不真面目というわけじゃ
なかったようです(笑)。

いっぱ喋って、
試合で叫んで、
気が付けば声はガラガラ…

あまりののどの痛さに薬局で事情を説明し、
お勧めの薬を出してもいました。

日本では病院でしか出されない成分。

これ、チュアブルみたいに
なめて溶かしながら服用するのですが、
ヒリヒリとのどを直撃!
これが痛いのなんのって!!
効きそうな気がするけど、
痛くてなめるのが苦痛…
結局、3個目でギブアップしました。。。

9へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中