投稿者:

2017EuroVolley観戦ポーランドの旅5~グダンスクへ

開幕戦が終わると
ナショナルスタジアムからは
歩いてホテルへ…。

交通規制がかかり、
周辺の交通機関はすべてストップ。
徒歩40分の距離でしたが
こんな大勢のバレーファンと一緒なら
全くもって怖いものナシ。
トラムの線路の上を悠々と歩き
楽しく帰ってこれました。

翌朝はワルシャワバスターミナルから
グダンスクへバスの旅!

5時間ほど揺られて
駅の裏へ到着したら、
電車に乗って予約したアパートの
管理事務所へ向かいます。

列車の行き先や停車駅、
交通事情について
全く分かっていませんでしたが、
近くの若者に教えてもらい、
無事に乗車。
やっぱりポーランドは
困っていると優しく教えてくれる人が
必ず現れるので
安心して旅ができます。

管理事務所で鍵を借りたら
3泊お世話になるアパートへ徒歩移動。

これが…難関でした。

海外ではよくある、
実際の場所が地図の示す場所とが
違っているパターン。
これに加え、アパートの場所と
入口が離れていて、
どこから入るか分からないという
さらなる問題が出現し、
予想以上に困難。

とりあえず、管理事務所で教わった、
入口の門のロック解除のナンバーを
手あたり次第試して回るも、
どこの扉も開かず、
路頭に迷ってしまった私たち…

よし、そんなときは
誰かに聞くしかない!

と、そこへ救世主出現!

大きな体の優しそうなおじさんに、
宿泊場所の住所を見せ、
どこか尋ねたら、
おー、まさかのお隣さん!
「うちの隣だよー」と
嬉しそうに案内してくれました。

そしてここで判明した、
ロック解除方法の間違い。
番号を押して鍵マークを押すのではなく、
鍵マークを押して番号を押すという、
単純なミス。
これじゃ、どこの扉も
正しい扉さえも開かないはず…

国が違えば常識が違う。
もっと柔軟な頭を持ってれば
対応できただろうに…と、
凝り固まった思考を反省しました。

そしてたどり着いたアパートがここ。

鮮やかなピンクのアジサイに迎えられ、
入っていくと、
広々とした空間!

必要最低限の家具たちに囲まれ、
余計なものがなく
クリーンでおしゃれ!
キッチンも…

寝室も…

落ち着ける雰囲気。

一泊一泊、渡り歩いてましたが、
ここでしばらく連泊。
ちょっとのんびりする夜でした。

6へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中