投稿者:

2017EuroVolley観戦ポーランドの旅15~セミファイナルSRB-GER

9月2日セミファイナル

今大会負けなしで
とんとん拍子に上ってきたセルビア。

1/4ファイナルで
ブルガリアに快勝したイメージが
まだ残っていたからか、
今回もドイツ相手に、
問題なく勝てるものと
疑いなく思っていました。

前半はホントに私の思い描いた通り。
1セット目の最後は
苦しめられましたが、
それでもデュースで勝ち取れたことで、
強さは健在だと証明されたもの。

2セット目を獲得し、
これはあっさりと3セット目も獲れる…
そう確信していました。

しかし、ドイツの監督はジャーニ。
前回スロヴェニアを準優勝させた
あの敏腕監督が
この2,3セットのロングブレイクで
選手を覚醒させるのです。

ドイツは目立つ選手といえば
ロシアリーグでエースを張っていた
グロゼルくらいでしょうか…
それでも、フロムやカリベルダ、
カンパと、
イタリア、ポーランドの強豪チームで
活躍してきただけあって、
これが上手く機能すると
想像以上の力を発揮します。

友人曰く、カンパは相当
勝負運を持っていると…

それを後から聞かされることになるのですが、
この時はその恐ろしさを知らず、
彼の運に味方されたサーブで
セルビアを引き離していく姿に
ただただ驚くのみ。

悔しいとか悲しいとかいう感情が
追いつかないくらい、
驚きで呆然とするだけでした。

でも、ここで踏ん張れるようになったセルビア!

第3、第4セットを獲られても、
最後には勝てる!
ここでも私は確信していたのです。

だから、、、最後、
ドイツに15点目が入った瞬間も、
今目の前で見せられたものが、
現実ではなく
幻覚にしか思えなかったのです。

目の前の選手たちの表情を
全く受け入れることができませんでした。

これは夢だ、これは幻覚だ、
何かの間違いだ…

判定が下って、
ノーカウントになるに違いない…

しかし、そのまま
どんどん流れてゆく時間。

その場に立ち尽くし
今大会初の黒星の幻覚から覚めるのを
ただただ待っていました。

16へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中