投稿者:

2017EuroVolley観戦ポーランドの旅18~ファイナル

3位決定戦の後、すぐに始まった決勝戦。

燃え尽きた私の意識は
異次元の世界をさまよい、
白熱の試合を目の前にしながら
呆然としていました。

後になって見返してみたら、これ、
なんと面白い試合だったことか!

ロシアを相手に堂々と
自分たちのバレーを展開できるドイツに
引き込まれていき、
ロシアに勝って欲しかった…
と心底思った程でした。

セミファイナルでは
セルビアの敵だったから
冷静に見れなかったけれど、
あの身長でカリベルダはホントによく
戦っているなと思いました。
ピアチェンツァにいた時に
この選手はいいプレーをするなーと見ていて、
ペルージャに来てからは
いい攻撃の場面よりも
イケてない守備が目立ってしまって、
ルーベに行ってからも
なかなか活躍の場がなく…
でも、ナショナルでは
しっかり自分の居場所を
確立させていたカリベルダ。
最後に見せたサービスエースが
彼の現状態を物語っていたような気がします。
与えられた責任感を背負いながら、
チームを支え、支えられ
精神までもしっかり安定しているように見え、
ピタッとチームにハマった
カリベルダを見られて
嬉しく思いました。

フロムも男になった!(笑)というか、
貫録を感じるようなパフォーマンスも見られて
嬉しかった!
ポイントポイントだけじゃなく
フルで戦える選手になって
一皮むけた感じ。

もちろんグロゼルも衰え知らず、
決定力が半端ない!
オポとしてあれだけの責任を果たせるのは
そうそういるもんじゃない!と思うのでした。

でもそれもカンパのセットアップが
あってこそ。
ポーランドリーグの
ヤストシェンビエでも
見ていて引き込まれてきて
ここでもついつい応援してしまい…
そんな個々の
お気に入りのピースが揃ったドイツが
ロシアを相手に大幅リードする場面もあって
大興奮でした。

優勝してもおかしくなかったドイツ。
でもやっぱり持っていったロシア。

凄いのは若手サイドのヴォルコフでした。
あの若さでのオールラウンダーぶりには
ホントに脱帽するほどで
今後、ロシアを
引っ張っていきそうな予感大。

ミハイロフには波が見え、
最後までホントに勝敗が
分からなかったけれど、
でも、最後は乱れなかった…
ベテランだけでなく若手も育ち
ロシア時代は簡単には
終わらないと感じるのでした。

でも、もしかして、
グロゼルが足をひねらなかったら
ロシアやられてたんじゃないかな?
なんて…(笑)。

まぁ、それは結果論。
でも、ロシアは途中、
怒りをあらわにして
ペットボトルを床に投げつけたり、
ちょっと選手として
あるまじき行為を見ることになり、
優勝を素直に喜べない私がいました。

でも、これが今目の前に
繰り広げられている現実。

フクザツな思いで
ロシア選手たちの喜ぶ姿を見ていました。

19へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中