投稿者:

2017EuroVolley観戦ポーランドの旅19~表彰式

ファイナルが終わると暗闇に包まれ、
表彰式が始まりました。
まずは個人賞の発表。

暗がりの中、うっすら見える影、
そこには順番待ちをする選手の姿…
その光景に笑みがこぼれます♪

やっぱり!!
そうだよね!
リシナツは受賞するよね!!

カリベルダ、ヴォルコフに続き
ベストミドル一人目で呼ばれたリシナツ。

もう、おなじみとなった受賞ですが、
でも何回獲っても
嬉しいものは嬉しい!!
自分の好きな選手が
こうやってちゃんと評価されることは
この上ない喜び。
さらに笑顔いっぱい客席に向かって
手を挙げるリシナツを
正面で見られたなんて、
なんてフィナーレにふさわしい
演出なのでしょう(笑)。

胸いっぱいに広がる喜びに包まれて
手が真っ赤になるほど拍手を送った
この赤いユニフォームのリシナツ。
忘れられないシーンとなりました。

そのまま続く表彰式。
3位のセルビアは真っ先に登場し
表彰台の前に整列します。
名前を呼ばれ表彰台に上がる直前、
キョロキョロとするリシナツに
目を奪われていると、
ん?
ユニフォームを脱ぎだした!?

何と出てきたのは
イボビッチと書かれたユニフォーム。

リシナツはイボビッチのユニを
名前が分かるように
後ろに書かれた名前を前にして着用し、
赤ユニの下に着こんでいたのです!
通りで首元に青色が覗いてたわけだ…(笑)。

同じくカティッチも
クルスマノビッチのユニに早変わり。
あとで知ったのですが、
ウロシュもユニフォームに
ケガで代表を外れた
仲良しのBrđovićの名前を
ガムテに書いて胸に
張り付けていたのでした。

チーム愛を感じるセルビア。
そこがまた私の心をくすぐりまくる(笑)。

それぞれのパフォーマンスにチームプレー
そして、それぞれの個性に、
垣間見える選手同士の関係性…
そこが私の興味の
ストライクゾーンど真ん中!
ここにピタッと収まることを
改めて感じる表彰式でした。

銅メダルが贈呈され、
順番にそれぞれが喜びを表現。

しみじみメダルを眺めたり
口にくわえてみたり、
隣と選手とニケけてみたり、
「素」で喜ぶ姿に胸が熱くなまります。

キャプテンスタンコビッチには
プレートの授与。

試合後泣き崩れていたスタンコビッチはきっと
これまで背負ってきた責任の重さと引き換えに
このプレートの重さを感じているはず…

タイムアウトごとに頻繁に
アドバイスをしたり
裏で支えながらも、
コートに立つときは
その責任を果たしていたキャプテン。
いいチームを作り上げてくれて
ありがとうの思いでいっぱいでした。

もちろん、選手一人一人にありがとう。
活躍した選手も
陰で支えた選手も、
みんな含めて大好きなセルビアチームの
大切な一員。

それぞれのパフォーマンスに加え
ここでこの大会で
いろいろと見えたものもあり
味わった喜びも苦しみも全ての思いが
大切な思い出となりました。

思い描いたストーリーは少し違えど、
私の心の中の満足度は
溢れるくらいに
いっぱいに満たされていました。

でも。

いつか絶対に、
頂点に立つ姿を一緒に味わいたい…

金色の紙吹雪の中で
喜ぶロシアを見ながら
次のシナリオが
作られようとしていました。

20へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中