投稿者:

2018ネーションズリーグ中国大会観戦旅1~出発

2018年ネーションズリーグ
第5週は中国江門へ。

せっかく近くまで
セルビアチームが来るんだから
これは行かない訳には行かない…いや、
行かずにはいられない!

そんな強気な思いで予定を立て始めたのですが、
これがなかなか情報の収集し辛い中国。
アルファベットならなんとなく
意味が分かるところも多いのに
漢字の羅列となると、もうお手上げ。
意味の分かる漢字が一つ二つあっても
大群になって襲ってくると
無理の意識が強く働いて
分かろうとする意欲が失せてしまう…

中国語韓国語の分からない私にとって
まだ、ヨーロッパの言語の方がまだ
情報を集めやすいことに今更気が付きました。

しかも江門という主要でない都市だと
移動するのに日数もかかるし、
意外と航空券代が高価。
セルビア行き3泊5日、
エティハド航空70,000円と変わらない…

移動手段の情報が手に入らず
これは旅行会社にお願いしようと
見積もりを出してもらったら、
空港から江門までのたった数時間の移動で
10万円って!

中国=近い=安い
という公式が通用しないことに
ここで気付かされ、
次第に諦めモードに向かうようになりました。

しかし!
思わぬところから救世主出現。

たまたま友人が一人で観戦に行く予定で
いろいろ調べていたというのを耳にし
有難く情報をいただけることになりました。
しかも、それを教えてくれた友人も
現地の方に問い合わせしてくれたようで
疑問をサクサク解決…
会場の場所やチケットの販売サイト、
安全なホテルなどなど…
私の知らないところで、
旅の予定はどんどん形になってゆき、
真っ暗闇から一気に光が差し込めました。

そんな友人たちのおかげで叶った
中国・江門への旅。
6月20日(水)
一足先に私は福岡から出発。

江門に行くには広州空港が便利、
とのことでしたが、
どうしても私はマカオに立ち寄ってみたくて
マカオ空港を選択。

国内線にちょっと毛が生えたような移動時間で
あっという間に憧れのマカオ空港へ到着しました。

まずはここで友人1人と合流し、
一泊してから翌朝、江門へ向かいます。

マカオの景色を楽しみたいところですが、
ここは帰りのお楽しみにとっておき、
路線バスで珠海のボーダー(国境)まで移動。
そこで出入国手続き。

マカオは中国の一部ではありますが
特別行政区ということで
出入国の手続きが必要とのこと。

土日など混んでいると
2時間くらいかかると言われていた
この手続きも
平日昼間だったからか30分程で完了。
まるで飛行機に乗るときのように
パスポートを見せて出国し、
免税店売り場を徒歩で通過して
すぐに中国の入国審査ゲート。
入国書類を記入して窓口で
パスポートと共に提示提出すれば完了!

徒歩で出入国…勝手が分からず友人と2人して
オロオロしてしまいましたが
一人じゃないって心強い(笑)。
日本で迷惑をかけている中国人もいるから
中国でオロオロしてしまう日本人を許してーと
中国人に習って強気で通り抜けました。

ということで無事、
中国入国!

2へつづく…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中