投稿者:

2018NL中国大会観戦旅3~試合(SRB-CAN,JPN,CHN)

中国大会はカナダ、セルビア、日本、中国
この4チームの総当たり戦。
ついにきました…
セルビアと母国日本が対戦する日が。

母国を応援しないことに対し
理解しがたいフクザツな顔をされるのを
これまで何度も目の当たりにしてきて、
堂々とするべきものではないこと、
ひしひしと感じていました。
でも、
バレーを一つのエンターテイメントしてみれば
やっぱりセルビアバレーが私は好き。
もちろん日本は大好きだし、
日本人であることを誇りに思っているけど、
ここには国という枠組みでは見れない
また違った感情がある。

バレーをもっと大きな枠組みで捉えた時
国境という細かな区切りを取っ払って
世界の選手を応援したいという気持ちは
愛国心をはるかに超えたバレー愛故。
そう言い聞かせ、こんな非国民な姿を
自分なりに正当化させながら
セルビアを応援するのでした。

1日目、セルビア対カナダ、
これが鬼門だと思っていました。

が、思いのほか調子の上がらないカナダに
優勢的に試合を進めるセルビア。

結果、予想外に3-0でストレート勝ち。
ファイナル6へ一歩前進しました。

2日目
悪い予感は当たりました…。

大阪での全日本の戦いぶりを見ていると
決して油断できない相手、そう感じていました。
そんな日本に対しセルビアは
気を許し控えメンバーでいって
やられるパターンになりそう…
まさにその通りになりました。

粘る日本、ホントに強くなったなーと
改めて実感。
デュース、デュースの場面で
簡単にミスしていたころの日本とは違う…
第1セット、第2セットとセット終盤は
手に汗握る攻防でした。

第3セット、油断できない相手だと察した
セルビアチームは主力に入れ替え勝負。
ようやく「らしさ」も出てきて
流れを作ることができました。

1セットは取られてしまいましたが
3-1で3ポイント獲得
これでファイナル6進出決定!!

無事にこの先の扉が開かれ
3日目の中国戦、セルビアは
終始控えメンバーで挑みました。

選手たちも余裕があり
コート外でも大盛上り(笑)。

タオルを振り回し、歌い、叫び
いやー、ホントに楽しそう。
これがまたセルビアチームという感じ(笑)。
そんなコート外の応援も力になり
1セット取られるもなんとか
3ポイントは獲得できました。

セルビア大会の悲しい闘いから1ヶ月
チームらしくなってきて
よりパフォーマンスも面白くなってきました。
なかでもコバチェビッチの決定力の高さ!
ホントにいろんな引き出し持ってる!

これは次のファイナル6も
そして世界選手権も楽しみ。

先へ先へ、未来に期待が広がる
パフォーマンスに満足して
中国での観戦を終えることができました。

4へつづく…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中