投稿者:

2018NL中国大会観戦旅6~帰国

夜になるとマカオの街は
さらにゴージャスになります。

まさにこのあたり一帯、
ひとつのテーマパークのように
小さな世界が創られています。
ヴェネチアがあればパリもある…

縮小サイズのエッフェル塔は
いろんな色に変化するので
しばらく見入ってしまいます。
こんな風に観光スポットになっていますが
これもホテルの一部。

エンターテイメントに溢れるホテルが
立ち並ぶこの地域は、
中国、マカオを飛び越えた夢の世界。
九州からちょっと離れた場所に
こんな非現実世界があるなんて
新たな発見でした。

またお金の話になってしまうけど(笑)、
九州から東京に出て
5つ星ホテルに泊まる旅を思うと、
ここマカオに来た方がよほど豪華な旅ができる。
5つ星ホテルに泊まっても
2人部屋で1泊1部屋が2万円。
豪華な中華フルコースもリーズナブルに食べられるし、
これは来てみて損はなし!

江門行きを理由に
ここへ立ち寄ったこのプランは
我ながらナイスアイディアでした。

シェラトンホテルのふかふかのベッドで
最後の夜を過ごしたら
早朝にマカオ空港へ移動。

東京在住の友人は成田行きの便を待ち、
私は一足先にマカオを発ちました。

何しに来たんだか忘れるくらい
マカオ観光が楽しくて
バレーを忘れてしまいそうになりますが、
ちゃんとバレーの思い出も
たっぷりと持ち帰っています。

一人観戦が多い分、3人での観戦は賑やかで
テンション上がって、
コートのお姉さんのセクシーダンスを
真似して踊っていたら
お隣のおばさんに当たってしまい
おばさん、困惑しながらも
どうぞ好きなように踊りなさいって
言ってくださいました。

会場行くのに入口が分からずウロウロしてた時も
英語を流暢に話すご夫婦に助けられ
会場窓口でのチケット受け取りも
手助けしてくださいました。

出発前から友人が問い合わせで
いろいろお世話になった中国のバレー協会、
市内交通のことなど詳しく教えてくださった
ホテルのレセプションの方、
そして会場の運営スタッフ、
嫌な思いをすることなんて全くなく
誠実に対応して下さいました。
中国人、みんな優しかった…

正直、中国なんて適当でしょ…
いい加減でしょ…
っていう思い込みを持っていた私、
ホント失礼だったなと反省。

会場内に持ち込み不可だった
折り畳み傘などの荷物預かりも
ちゃんと番号札を付けて
責任をもって預かってくれるし、
チケットも配送できない分
会場受け取りができるように
対応してくれていました。

もしかしたら日本のバレー協会よりも
日本の会場システムよりも
親切でお客さんに寄り添っているのでは…

来てみないと分からないバレー事情、
中国観戦のポイントは私の中で
かなり高い評価が付きました。

またあったら、行きたいと思う程
満足した今回の旅。
一時は諦めることも考えましたが
でも、行動力のある友人たちのおかげで
叶えることができました。
ホントにありがとう!!

3人寄れば文殊の知恵…
まさに!

縁とタイミング、いろんな人との交流、
奇跡なのか努力のたまものなのか分かりませんが
ひとつひとつ工程や思いが重なって
そして助け合って
旅は作られていくのだなーと感じるのでした。

【完】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中