投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅12~大会を終えて

これで2017年のワールドリーグが
終わりました…

気が付けば冷静に
試合を観戦できるファン目線を失い、
ただただセルビアマニアの目線で、
観戦することになってしまいました。
もう少し客観的に
見られると思っていたけれど、
駄目だった…(笑)。

でも仕方ない…
この冬、このセルビア代表メンバー
個々のクラブチームの試合を
実際に見に行って、
それぞれの活躍を間近で見、
そこから受け取れるバレー魂を
感じてしまったから、
もう、思い入れが強過ぎて、
押さえることができませんでした。
いいバレーが見たいというより
ただただ彼らの喜ぶ顔が見たいと
その一心。

だから一勝もできず
笑顔を見られなかった今回、
悲しいかな
来なきゃよかった…と思ってしまったのも
正直なところでした。

寒さにさらされ風邪をも患い、
食事があまり食べられなかったり
夜中の咳に苦しんだり、
会場でもぐったりしてしまったり…
航空券ダブルで買って来たのに
何だったんだろ…
なんて、マイナス思考のオンパレードで
後悔する瞬間もありました。
でも、終わってみれば、
いろいろな新しい経験ができたり
彼らの苦しさもここで一緒に
味わうことができた。
その苦しさは辛かったけれど、
観戦するのに必要なメンタルを
鍛えてもらった気がします。

それに、ここでしか学べなかった
友人の姿に、感銘を受けまくり。

日本人ながらブラジルでの生活が長く
ブラジル人のようにおおらかで
明るい彼女。
持ち前のコミュニケーション力を
発揮させ、
出会うブラジル人たちとの
一つ一つの出会いを最大限に
楽しんでいました。
ただ道を聞いただけの人、
お店の店員さん、
レストランのウェイターさん、
ホテルの宿泊客、
常に会話を広げて笑ってる。
人見知りの私には衝撃的で
とても新鮮な旅でした。

そしてこの旅を通じ、
彼女に聞かせてもらった話には
沢山の学びがありました。

そのうちの一つ、
こんな旅のエピソード。

以前、友人が
ブラジル人の友人と4人で
チリに行った時のこと。
満員のバスの中、
彼女が胸の前に下げていた
貴重品類の入った大切なバッグが、
気が付いたらなくなっていたそうです。
そこにはパスポートにわずかな現金、
クレジットカードが入っていたそう。
他に被害に遭った友人はおらず、
彼女は旅の途中、
クレジットカードを止め
パスポートを再発行に行き、
なんとか旅を続けられたと話してくれました。

びっくりしたのはそのあとの彼女の言葉。
「私、友達に言ったのよ、
被害に遭ったのが私でよかったわね!って。
だって、みんなはクレジットカードじゃなく
大金を持ち歩いていたから
無くなったら大変だったでしょ。
カードはすぐに止められ
使われてはなかったし
日本のパスポートは翌日には
すぐ発行されたし、
何の問題もなかった。
他の3人じゃなくて私でよかった!」

そこには嫌味とか
ひねくれた思いは全くなく
素直に喜ぶ気持ちだけ。
旅の途中、自分が嫌な目に遭っても
友人が無事ならと
喜ぶことができるこの心の広さ…
落ち込んでテンション下がっても
おかしくないときに
こんな風に切り替え
私にできる!?

これを聞いたとき、
今回これを聞けただけでも
ここに来た価値がある!と思いました。
そして彼女のように
私もこんな風に器の大きな人間を目指そうと
心から思いました。
何があっても自分を失わず
周囲のことも思いやれる
たくましい人間になりたい…

そんな理想を
ここにリアルな像として
感じられたことはお金では買えない学び!

これはきっとこの先の旅、
いや、人生においても、
自分をポジティブに
引き上げてくれ、
楽しむ余裕を与えてくれると
確信したのです。

友達というにはおこがましいかもしれないけれど、
人生の大大大先輩だけど、
一緒に旅をできたことに感謝!
ホントに何もかもありがとうございます!!

そんな感謝の思いの詰まった
ブラジル旅…

実はこれで終わりじゃないんです。
ここからはお礼参りの旅~!

試合の翌日、友人と分かれ、
私は一人マリンガを目指しました。

13へつづく…

広告
投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅11~ファイナル

20:00~セミファイナル
23:00~ファイナル

このスケジュールを見た時に
間違いじゃないのか?と
目を疑った人も
沢山いるでしょう…
ブラジルではこれが当たり前?
かと思えば、現地の友人曰く
こんな時間、聞いたことない!と。

テレビ放送の関係と言ってましたが、
果たしてこの放送を
子供たちも見るのかな…

もし、23時からの決勝が
フルセットになれば、
そこからセレモニーがあって、
終わるのは3時近く!?

それを考慮した私たちは
早々会場へ行ってしまうと
体力が持たないと
セミファイナルの様子を
テレビで見ながら頃合いを見て
出陣することにしました。

1セット目完全リードのUSAをみて
これはアメリカのストレート勝ちだろうと
3セット目を会場で見られるように
ホテルを出発。
しかし、なんとそこから
カナダが逆転で3セット連取。
予想外のドラマが待っていました。

何があるかわからないものだなー
第3、第4セットをスタンド席から
客観的に眺めていた時には
既に私の脳は徐々にOFF状態へ…

23時スタートというのに加え、
寒さと観戦と観光とで
風邪の症状を治しきれないまま
朝からのスケジュールで
疲れが重なってしまったこと、
そして、セルビアの敗退で、
大会への興味が薄れてしまったこと、

それが重なり、
あろうことか観戦史上初、
試合中にうとうと。。。

あぁ、貴重な試合なのに
なんてもったいないことを…
でも、もう私の体調は限界だったのです。

だから、ファイナルの試合、
ほとんど記憶にないんです。
フランス相手にブラジルが
取って取られて取られて取って…
でも、なんだかんだ言って
ブラジルが持ってくんだろうなー
その方が盛り上がるし
面白いだろうなー
そんな風にぼーっと考えていました。

しかし、取ったのはフランス。

ポーランドでの世界選手権のような
ホームの喜びを見ることはできませんでした。

銀メダルでのセレモニーは
見なくてもいい…という
ブラジルファンも多く、
試合終了と共に
出口へ向かう観客たち。
私たちもそのまま出口へと向かい、
会場を後にしました。

出口ではブラジルチームの
マスコットキャラ、ワニくんが
お見送りしてくれました。

さよならワニくん。
いつかまた会えるかな…!?

12へつづく…

投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅7~セルビア対フランス

さて…
運命の第2試合がやってきました。

まさに背水の陣。
負けたら終わり…
3ポイント取れなかった終わり…
よって
2セット取られたら終わり!!

…の緊張感高まる試合ですが、
その前の映像にちょっと
楽しませてもらいます。

このオープニングビデオ、
2014年の世界選手権の時もやっていて、
今回、絶対動画に撮っておきたいと
狙ってたもの(笑)。
昨日撮影に成功したので、
今日は待ってましたーと
肉眼でしっかり
鑑賞させてもらいました。

セルビアだけでなく出場6チーム
すべてのバージョンがあり、
各チーム、各選手、ポーズも様々。
USAなんかは、
かなりはっちゃけていて、
エンターテイナー揃いだなーと
感心してしまうほどでした(笑)。

と、ほのぼの見ることができたのも
ここまででしょうか…
あとは、応援に必死になり過ぎて
悲しいくらい一つ一つのプレーが
全く思い出せません(涙)。

思い出すのは
コート上、必死に戦う選手たちの表情と

それを一生懸命盛り上げる控え選手たち。

そして…
その中でどうしても、
頭から離れなかったのは
やっぱりスタメンについてでした。

今日もルブリッチスタート。
で、1セットも2セットも
中盤から交代でアタナシエビッチ。
だったら最初からなぜ入れない!?

広過ぎるサッカー場での試合
ベテラン選手でもサーブを打つのに
天井が高く感覚が難しいと言っていたり、
通常のプレーをするのに苦労しているのに、
増して敵チームを応援するブラジル人観客に
アウェー感を受けのまれそうになるのに…
なぜ…
現にルブリッチは決定力に欠け
苦しんでいるじゃないか…

こんなときはサッカー場含め
いろんな会場を経験経験してきた
選手の方が有利なのでは…??
偉そうに素人ながら僭越にも
思ってしまうのでした。

コートの外で誰よりも
声を上げ手をたたき
盛り上げるアタナシエビッチ。
プレーできないもどかしさなんて
全く見せずこれが自分の役目と
必死に応援しています。

だけどコートに呼ばれれば、
途端に起爆剤のように
自らのプレーで盛り上げる
エネルギッシュなパフォーマンス。

が…
そんな彼をグルビッチは
スタメンとして
必要としていない…!?

この答えは後になって
聞かされることとなるのですが、
この時はとにかくもやもや。
このグルビッチの采配に対し、
勝負を投げた!!としか思うことで、
彼を守りたかったのでした。

そう、実は…
薄々気が付いていました。
今のアタナシエビッチが
伸び悩み、
さらにチームに与える影響が
良くないことを。
いつからか、彼の行動が
目に余るようになっていた私は
少しづつストイックなリシナツに
心を動かされ続け、
追いかけるようになってしまっていたのも
事実です。

それにルブリッチを入れることで、
チームが上手く回るという現状も
痛いほどよく分かっていた…。

でもアタナシエビッチが
コートに必要ないなんて
やっぱり認めたくない!

スクラ時代から見始め、
ペルージャ、ナショナルチームと、
ずっとスタメン、フル出場が続き、
セリエでは3年連続得点王にもなり
体がボロボロになるまで
使われてきたのを見てきました。

練習や試合後、
誰よりもメンテナンスに時間をかけ、
休日も治療に行ったり、
表に見えないところでも
バレーに懸けていました。

そんな数々のエピソードを思い出すと
どうか報われてほしいと
思わずにはいられず…
これはもう一ファンというより、
親心のような気持ちでしょうか…。


思いが深すぎて
主観的な考えでしか
見れなくなっている私を
友人はあくまで客観的な見方で
引き戻してくれました。

2セット奪われたあとは
スタメンと控えの総入れ替え。

言葉を交わすことなく
立ち尽くし動かない先発の選手たち。
座り込んだまま、
立ち上がらない選手も同様に
背中から喪失感が漂っています。

勝ちたかったという彼らの気持ちは
言葉にしなくても
この背中が物語っています。
そしてそれが痛いほど
胸に突き刺さってくる…

勝たせてあげられなくて
応援の力が足りなくて
ごめん…

彼らのこの表情が
体育館を離れてからも
脳裏に焼き付いていました。

気が付けば涙が溢れ
友達の前で泣いていました。

8へつづく…

投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅6~オーガニック中央市場へ

7月6日ファイナル6、2日目…

♪新しい朝がきた!
希望の朝~だ♪
(ラジオ体操の歌より…)

今夜の試合が気になるけれど
ひとまずそれは忘れて
クリチバの街へレッツゴー!
朝ごはんを食べたら友人と共に、
有名な市場へと歩き出しました。

今日は肌寒さが和らぎ、
すこし暖かい感じでウキウキの散歩道。

お散歩日和の中
立派な駅舎の前を通り
歩くこと30分…
目的のオーガニック中央市場へ
到着しました。

ここには果物、野菜、
ドライフルーツ、お肉…と
いろんな食材が所狭しと並んでおり
それぞれのお店の人と
やり取りしながら
ショッピングを楽しんでいきます。
特にお目当てのなかった私は
友人に付き添いぐるっと一周。
ときに試食をさせてもらい。
ブラジルのリアルな食卓を
味わせてもらいました。

クリチバは松の実が有名とのことで
何軒も扱うお店が出ていました。
でも小指の爪くらいしかない
日本の松の実と違って
大きいものは私の親指くらいの
幅があるものもあり、
とても同じ種類とは思えないほど。

さすが、スケールのでかい
ブラジルは松の実も違う!
こんなところにも
ブラジルらしさを感じ、
納得するのでした(笑)。

そんな社会科見学的な
市場見物を終えたら、
いよいよ体育館へ…

3日目第一試合、
ブラジルがロシアを3‐2で下したことで、
ブラジルとカナダが
セミファイナル進出決定!

順調にファイナルへの
階段を上っているブラジルは
選手もそれはそれは上機嫌で
コートに詰め寄る
ファンに熱心に対応しておりました。

第二試合のセルビアと
フランスが入ってきても
それは収まらずこの人だかり…

日本だったら絶対、
「下がってくださーい!!」と
セキュリティスタッフさんに
追い返されることでしょう(笑)。

7へつづく…

投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅5~セルビア対USA

ブラジル人の観客に圧倒され
さすがは情熱の国…と納得した初日。

2日目はブラジルチーム
休養日ということもあって
ブラジルサポーターは激減
かなり寂しい会場内でした。

熱気がない分より寒さが堪える…
そう、広い広いサッカー場では
暖房なんてものはなく
隙間風入りまくりの凍えそうな温度なのです。。。

そんな中登場したセルビアチーム。

みんな脚と腕に防寒対策!?
中にはニット帽まで被っている選手も!

くるくるの頭がトレードマークの
アタナシエビッチがいない!と
必死に探していたら、
ニット帽で頭まで防寒していました。

っていうか、ニット帽かぶって
練習ってアリなのね(笑)。
そんな初めての光景に驚きつつ、
それだけこの尋常じゃない寒さに
選手も苦労しているのだと実感。
やっぱり来て見なきゃ
分からないことがある…
選手と共に味わえるこの寒さも
貴重なものに思えました。

で、今日の対戦
セルビアの相手はUSA

記憶に新しい先月のセルビア大会で
余裕な勝ち方をしてきた分、
全くもって負けるとは
考えもしていなかった私。

しかし、若いチームの
成長の怖さをここで
目の当たりにすることになるのです。

もちろんセルビアが
イケていなかったのも
往々にしてありますが、
でも、ここまで豹変するとは…
確かに前日、フランス相手に
フルセットまでもっていったことで
感じてはいたけれど…

セルビアならやれる!
そう信じていました。

でも、駄目だった…

現実を受け止めきれない状態で
どうしても納得できない
先発のメンツ。

ねぇ、グルビッチ監督、
スタメンの理由を教えてよ…

ウロシュ、イボビッチ対角、
ポドラスチャニン、リシナツ対角は
予想通り。
でも、セッターヨボビッチの対角が
なぜアタナシエビッチじゃない!?

ルブリッチを鍛えるためか
それとも、これが新スタメン?

アタナシエビッチの
盛り上げ力を買っている私としては
スタメンで入ることで
ムードがぐっと上がり
個々のパフォーマンスが高まると
信じているのです。

スタートダッシュに失敗し、
負けるべくして
負けたセルビア…

グルビッチの采配に
もやもやする夜でした。

6につづく…

投稿者:

2017WLファイナル6観戦ブラジルの旅4~クリチバへ

ブラジル滞在初日は
サンパウロの友人のお友達宅で
一晩お世話になり、
翌朝、早朝便で
試合のあるクリチバへ移動。

サンパウロより南のクリチバ…
南と聞くとあったかいイメージだけど
北半球は逆、
より寒い場所へと行くのです。

薄手のダウンを持ってきたけど
こんなんじゃ全然足りないー!
なぜもっと厚着の準備を
してこなかったんだーと
後悔し続けることになるのでした。

しかし、到着したクリチバ空港、
インフォメーションのカウンターで
チラシを発見すると体が燃え始めた!(笑)

おおおおー、これがファイナル6の会場!!
今晩、早速ここに行くのかと思うと
体も熱くなってきます。

ホテルにチェックインしたら
すぐにお昼ご飯。

バイキングスタイルで
好きなものを好きなだけ取っていく
量り売りシステム。
お腹の減り具合に合わせて
栄養を考えながら選べるし、
何よりどれもおいしい!!
ブラジル在住の友人がすべて
案内し説明してくれるので
ただただ従う私…
楽して満足の得られる旅なのでした。

そして夕刻、会場入り!

初のサッカー場観戦!!
アリーナの席はそれなりに
コートに近いから
じっくり見られるけれど、
これスタンド席だとどうなんだろ??

初日は平日ということもあり、
スタンドはガラガラ…
これが週末に埋まるのかが
ちょっと心配になるほどでした。

一試合目ブラジル対カナダが
始まる頃には
無料配布される黄色いシャツを身にまとい
準備万端なブラジル人たち。

そっか、これまで見てきた
黄色で埋め尽くされた会場は
スポンサーであるブラジル銀行の
お陰だったのか!
てっきり、ポーランドと同じく
自宅から応援グッズを
用意してきたと思っていた…
なるほど、こういう事情があるのかと
来てみて知るのでした。

5へつづく…

投稿者:

地球半周バレー観戦の旅52~SESI vs SÃO JOSÉ DOS CAMPOSその2

SÃO JOSÉ(サン・ジョゼ)の
7番ディアゴは
かなり熱くなる性格のようで、
それが上手く
プレーに生かされているときは、
拍手を送りたいほど
魅力的なのですが
残念ながら熱くなりすぎて、
手に追えない部分もあるようです。

それは特に判定に対して
露わになっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

判定に納得がいかなければ
直談判。
まぁ、それはどのチームにも
一人や二人、
いるものですが、
彼の場合はその勢いが違う。
もういいでしょ…というくらい
しつこく食って掛かるのです。

もちろんそんなことをすれば
出てきます、
イエローカードやレッドガード。

そして案の定、彼はもらいました。

最初の抗議でイエロー。
それでも聞かずレッドが追加。

試合が展開していくに従って
どんどんサンジョゼに
カードが与えられ…
一体いくつもらえば
収まるんだろと思っていると、
またカード。

なんとなんと、この1試合だけで
イエロー1枚、レッド4枚、計5枚が
サンジョゼに与えられたのです。

これには唖然…
3枚は見たことあるけど、
5枚って…

さすがにブラジルでも
ここまでは頻繁にはないそう。

でもこれもSESIの一つの作戦!?
彼の性格をよく知っている
相手選手たちは敢えて熱くさせている
と見えなくもない…
相手が熱くなっているのを
どんどん熱くさせて、
気持を乱すように
仕向けている!?

そういうところムリロはよく分かっている!
とブラジルバレーを知り尽くす友人は
言っておりました。

んー、確かにここは私も
最近特に気になってるポイント。
抗議に関して
一流の選手の一流の対応って
どんなものなんだろう…と。

ムリロを見ていると
そんな一流の選手のイメージを
掴めた気がしました。

 

第5セットは若手からテオに替え、
さらには怪我明けのチアーゴも投入。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おー、この4人が一気にコート上へ!
ついに来たー!!
日本人としては
テンションあがる光景です。

が、それは一瞬。
またすぐに若手と交代…

そんな入れ替えもありつつ、
サイドアウトで点数を重ね、
終盤にはラリーでSESIがゲット。

うーん、やっぱり最後は
SESIの力を見せつけられました。

序盤は流れを持っていかれ、
やられていても
最後には取り返す。
ブラジルバレーは
ヨーロッパバレー以上に
勢いや流れで点数が変化します。
ラリーというよりも
サーブやスパイクで
どれだけ仕留められるかがポイント。
そしてホームの
観客の声援のパワーが
それを後押し!!

いやぁ、やっぱりブラジルはすごかった!!

ブラジルのこの激しさを、
肌で感じられたこと、
この経験こそが、
私が求めていたものでした。
ここへ来られて、
そして観られて本当に良かった!!!

ここでの思い出は
私の観戦史の中に
色濃く残ると確信しました。

54へつづく…