投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅65~ベウハトゥフへ

せっかく帰国までに空き時間があるなら
やっぱり行くしかない!

ウッチ駅道路を挟んだ向かいのバス停から
バスに乗り込んで…

約1時間のバス旅。

田舎道を走ってたどり着いたのは
そう、ベウハトゥフ。
ちょっと早めについたので
カフェでお茶をして時間を潰し…

お馴染みの体育館へとやってきました。

というわけで、アンコールは
スクラの練習見学。
最後の最後、やっぱりバレーを
見納めておきたくてここへやってきました。

誰もいない体育館の客席…
だけど、途中おじさんが一人
ふらっと入ってきたことで
心細さが少しだけ解消。
静寂の中で練習は始まりました。

一昨日の延長かリシナツは
オポとミドルと兼任でコートに立ち、
起用にこなしていきます。
なるほど、こういう練習も
度々やっていたから
戸惑いなくあのパフォーマンスが
発揮できるのか…

表にはなかなか公表されないこんな
貴重なシーンを見せられると、
より一層コート上のドラマに魅了され
バレー観戦への思いが増していきます。

練習後、チームの方とお話しする機会があり、
バスの時間まで談笑。
長崎出身ということで、なぜだか
原爆について話してくれと言われ
つたない英語で必死に説明。
これまで長崎出身だというと
とても悲しい顔をされてきて、
そこで話は終わることが常だったのに
突っ込んで話をしてくれとは…。

焼け焦がれた人の話
喉が渇いて池の水を飲んだ人の話、
そのまま熱い熱いと
亡くなってしまった人の話…
小学生の時に沢山見せられた原爆写真や
お年寄りから聞いてきた当時のお話が
ここで国際交流に役に立つことに
驚きつつ、
これをちゃんと伝えることが
長崎県人としての務めなのかもしれない…
そう気付かされました。

奇しくも今日、3月11日は
東日本大震災の日。
彼らもそれを知っていて、
そのことについても付け加え、
自分の体験談も話しておきました。

旅の最後のアンコール、
バレーにどっぷり浸るはずが
なんだかちょっと離れてしまって
思い描いたものではなかったけれど…

でも、旅を続けることによって
人との関わりが密になってきたことで
ベクトルも広がってきたという証拠なのかもしれません。

英語もほとんど話せない
人見知りだった私が
旅を重ねながら
ちょっとずつ変わっていったのを
改めて感じつつ、
この先の旅でまた
こういう話を聞かれても
ちゃんと話せる国際人になろう…
帰国を前に旅と現実が重なる瞬間でした。

帰りもバスで1時間
夜10時前にウッチのホテルに到着。

2ヶ月の思い出をすべて
スーツケースに詰め込んで
明日の帰国に備え就寝しました。

2ヶ月の旅の予定、
これですべて終了…
あとは飛行機に乗るだけです。

66へつづく…

広告
投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅64~ウッチへ

カトヴィツェでの観戦を終えたら
あとは帰るだけ…
なのですが、せっかくお財布に優しいポーランド、
グルメを楽しんでおきます。

駅隣接のショッピングモールで
アップルパイとカフェオレ♪

お店の雰囲気もかわいらしくて
混雑してなくてのんびりできて
しばらく滞在するなら
リピートしたいくらいのお店。

が、帰国の日は間近…
明後日にはワルシャワから
飛び立つことが決まっています。
名残惜しいけれど、
カトヴィツェはここでサヨナラ…。

駅からちょっと離れたバスターミナルから
バスでウッチを目指しました。

ウッチに着いたらポーランド牛のおいしさを
再び味わいたくなって
ステーキ屋さんを訪問。

今回はくし刺しバーベキュー風の
お肉をいただきます。

文字だけのメニュー見てもよく分からなかったので、
例によってGoogleマップからお店の画像を探し、
食べたいものの写真を見せて注文。
案の定、お店の人苦笑いしてました…

そしていつものパンケーキ屋さんにも♪

今回はおかず系のパンケーキ!

具だくさんなので途中でもうお腹いっぱい!
となるのですが、
付け合わせのチーズソースで味を変えると
また進む~!!

このお店、来れば来るほど、
美味しいものに出会ってしまい
また違うメニューも食べたくなってしまいます。

さて、胃袋も満たされたところで
明日の帰国にむけ最後の荷造りへ…

と、行きたいところですが、
最後の最後にもう1か所。
フィナーレのあとにアンコールが
待っているのです。

65へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅63~カトヴィツェ対スクラ

試合開始1時間直前、
そろそろ開場するよね…!?と思い始めると
ちらほらと観客らしき人が
集まってきました。

みんな表示がなくてここでいいのか
おろおろしています。
よかった、地元のポーランド人も
分かってないらしい。
よし、彼らに混じっていれば、
正しい入り口がきっと分かる。

円形の会場周囲、たくさんある入口の中で
多過ぎず、少な過ぎず
程よく人が集まっている扉の前で
開場を待ちました。

そして試合開始1時間前きっかり、
無事会場入り~!

さすがに国際大会をやるような場所、
箱に対し人数は寂しいものですが、
ちゃんとサポーター陣も集まってて、
予想外にアウェーのスクラグッズを
身にまとっているファンも多く
コートを見つめる観客の目は熱い!

が…
スタメンが呼び込みで私の表情は一転。
見たかったリシナツはコートに呼ばれず
控えであることを知らされるのです。

でも、それはそれでスクラの新しい魅力を
発見できるチャンスかも。
と、変わらずスクラ愛をもって
声援を送り続けます。
しかし、シーソーゲームが続きなかなか
並みを起こせないスクラ…
そこで監督は予想外の作戦に出たのです。

交代の合図が出てコートに入ってきたのはなんと
ウォマチとリシナツ。
交代すべく外へ出たのは
ヴラズウィとヤヌシュ…オポとセッター。
あれ?これって2枚替え!?
ってことはリシナツがオポ!?

そうです、監督はこの旅最後の観戦に
こんな素敵な演出を
施してくれたのです(笑)。

サーブで下がったときに後衛から打つのを
今シーズン度々見てきましたが、
ポジションごと変わったのを見るのは3年ぶり?
いやー、あのころと違って
すっかり堂々としたポーフォーマンス。
あの時はおどおど感があったけど、
落ち着いてるし、見てて頼もしい!
もちろんウォマチの上手い配球もありますが
ブロックに付かれても巧さをみせています。
彼は日々成長しているんだな…
と感銘を受けずにはいられません。

リシナツ、ウォマチが21-20で呼びこまれてからは
カトヴィツェに一点も取られることなく
連続得点で25-20まで。
ドラマでもこんなシナリオ、
わざとらしくて書けません(笑)。

続く第2セットも素晴らしいストーリー展開。

第1セット同様、リシナツ、ウォマチは
控えから始まりシーソーゲームで中盤へ突入。
8-8の場面からカトヴィツェに4連続得点を奪われ
12-8と4点差が開いたところで
2人が呼ばれ快進撃スタート。

じりじり、じりじりと点差を縮めながら
ついに18-18追いつくことに成功。
そしてこのままの流れで逆転…
と行きたいところでしたが
カトヴィツェも対策を講じます。
選手を入れ替えながら
22-22まではシーソーゲーム。

流れが滞ったところで最後は再度2枚替えで
ヴラズウィを戻し、リシナツの役目は終了。
最後はスクラのエースに見せ場を譲って
25-23と、きっちりセットを獲りました。

第3セットはガラッと変わって
いつものスタメンでスタート。
ということでここはリシナツ
いつものミドルです。
最後はやっぱりリシナツらしい
クイック、ブロックを見せてもらわないと
私の旅は終われない。

結果3-0のあっという間の戦いでしたが
私にとってこんなにも
ドラマティックな展開は予想外。
オポの姿もミドルの姿も勝利も見られ
しかもチーム最多得点12ポイントゲット
決定率83%!!
想像を超えたこんなラストが待っていたなんて
夢にも思わなかった…
旅の最後をこの試合で締めくくることができて
もう感無量でした。

常にいい内容の試合を見られるわけじゃないし
苦しい試合もたくさん見て来たからこそ、
感じる喜び。
それを最後に感じさせてくれて
神さまありがとう!!

最後の観戦を終え
いよいよ帰国の途に…

と、その前に、
最後に思い出作りです♪

64へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅62~ザビエルチェからカトヴィツェへ

翌朝…

ホテルを出たら体育館前を通過して駅を目指します。

その間、ちょっと寄り道して街を散策。

通り沿いに象徴的な教会らしい建物があったり、
向かいには緑豊かな公園もあったり、
一見殺風景に見えるも、
その中に静かな温かさを感じる街、ザビエルチェ。

特に急ぎの移動ではなかったので、
音楽を聴きながら公園をブラブラし、
列車の時間までのんびりと過ごしました。

さて次の目的地はというと…
列車で一本、1時間もかからないカトヴィツェ。

スイスイ移動であっという間に到着です。

そんなカトヴィツェで今回は
男女混合ドミトリーのホステルに宿泊。
さて、今回はどんな様子?!

チェックインしたとき同室には
男性一人が超風邪っぴきで休養中。
気さくで挨拶も心地よい感じの彼、
とりあえず怪しい感じがなかったので
安心したのですが、
夜になって厄介なことが判明…。

体調悪そうにしながら
体に悪そうなレトルトのスープや
大量のパンを
ボロボロこぼしながら食べており
においも音も部屋一帯に充満。

挙句の果てには何時間も
電話で話し続け、
時に声を荒げる騒音被害。

ベッドに入ってもそれは続き、
早めに寝付くつもりがなかなか眠れず
不快感が上がる上がる…
結局、熟睡できぬまま早朝を迎え、
不快指数計が降り切れる前に
朝7時には次の宿へと移動しました。

ホステルをチェックアウトしたら
目と鼻の先にある快適な四つ星ホテルへ移動し
8時にはチェックイン。
ホステル連泊は安くていいけど
休まらないかも…と思い、
敢えてカトヴィツェの滞在中、
ホステル1泊とホテル1泊に分けてとっていたのが大正解!

部屋に入ると即効シャワー浴びて
ふかふかのベッドで大の字。
誰にも邪魔されない空間で
ホステルの疲れを癒し
最後の観戦に備えるのでした。

夕方…パワー充電、気合十分で
会場のスポデクを目指します。

2014年の世界選手権ファイナルラウンド以来の来場!
あのときポーランドカラーの
真っ赤な噴水が上がっていたり、
「ケット売ってください」のファンが
入り口前に大勢いたり、
赤白のサポーターで埋め尽くされいた場所が
がらんとしていて全然違う場所みたい。

っていうか、ホントにここでこれから
試合やるの!?

人気のスクラ相手だからか、
通常の体育館ではなく
あえて大きな会場にしてるようだけど、
開始1時間前になろうというのに
人が集まっていない…
入口もどこか分からない…
何も表示がない…

会場間違いを2回も起こしている今回、
不安は増していきました…

63へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅61~ザビエルチェ対ビドゴシュチ

ポーランドはバレー人気が高いといえど、
人気チーム同士でなければプルスリーグも
当日券でチケットは購入可能なはず。

これまでの経験でそう信じて疑わず、
バレー観戦の旅を続けてきましたが
ここでそれが音を立てて崩れていきました。
まさか…完売って…(涙)

ブラジルから大移動を経て、
ここザビエルチェまで来たのに
まさか試合が見られないなんて考えもしなかった…
ショックを隠し切れず
スタッフのお姉さんを前にガックリ。
しかし、すぐさまお姉さんは
この人に相談してみて!と
奥にいる別の女性スタッフのところへと
私を連れて行ってくださり、事情を説明。

すると、悩む間もなく
ついてきて!と中へと案内してくださり
コートサイドの角の席へと
連れて行ってくださいました。

何のためらいもなく
入れて下さったスタッフの方。
よくあることなのか、
それとも明らかに日本人顔で
遠くから来たことを察知し同情したのか、
どちらにしても撃沈したのもつかの間、
このスムーズなやり取りに救われほっと一安心。

さすが心あるポーランド。
日本だったら遠くから来ようが、
外国人だろうが、
入れてくれるなんて絶対ないな…

ポーランドやイタリアでは
チケット完売で入れないところを
日本人=遠くからわざわざ来たという同情で
入れてもらえたという話を
何度か聞いたことがあります。
それに付け込むのは良くないけれど
でもまさかの事態で全部パーになるところを
助けてもらって命拾いした日本人がいることも事実。

心ある対応をしてくれる海外の対応には
ホントに救われることが多く、
だからこそ、海外バレーを見られる感謝も
一入に感じ…
これが国内観戦から遠ざかって
海外観戦に気持ちがいってしまう
ひとつの理由でもあるのでした。

そんな安堵の表情で着席した私に
間髪入れず寄ってきたピエロギ君。

黄色いチューリップを
お王子様風に跪いてプレゼントしてくれました。

あぁ、そうだ今日は国際女性デー。
イタリアではミモザの日?
顔は40代でも小学生ほどの背丈しかない私
一応女性として扱われたことに
ほっとしました(笑)。

と、前置きが長くなりましたが
無事に観戦スタート!
今回の対戦相手はビドゴシュチ。

始まる前からエンド側一帯が
まぶしい黄色で埋め尽くされていて熱い~!
ザビエルチェはバレー人気が高いことが
一目瞭然。
最強と思っていたレソビアのサポーター並み!!

あとで聞いた話、これまでホームのチケットは
すべて完売だったそうで…
この事実、事前に把握しておくべきでした…。

海外3シーズン目となる古賀選手

すっかり海外慣れしていて
溶け込んでいる様子。

年末のオールスター戦では
ファン投票でも選ばれたというから
ポーランドでも愛されているよう。

そういえば、選ばれたのは
サポーターが投票を頑張ってくれたおかげって
言ってたっけ…
この愛溢れる会場の空気を見ると、
それがすぐに納得できました。

サポート力全開のザビエルチェは
この日、チームをストレート勝ちに導き快勝!

気持ちのよい勝利の後は
ホテルでも心地よい眠り。

ベッド横にいただいたチューリップを添えて
おやすみなさい…

62へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅60~ザビエルチェへ

3月7日 早朝7時
ホテルからパリ・ボーヴェ空港までは徒歩で。

有難いことに歩道はきちんと整備され
20分ちょっとの道のりも
スーツケース片手にスイスイ。

LCC特有、郊外の空港は
大抵、移動しにくいものなのに
徒歩で移動可能なんて!
しかも立派な歩道で導かれているとは!!
どんなガタガタ道でも
乗り切る覚悟でしたが
楽に移動出来たことで
20数分が気持ちの良い朝の散歩になりました。

たどり着いたターミナルには
既に長蛇の列。
あぁ、ここに並ぶしかないのだな…
とライアンエアのカウンター前に整列。

が、前に並んでいる人のうち
違うカウンターへ
案内されている人がいます。
もしかして、ここ以外にも
カウンターがあるのか!?

近づいてきたスタッフさんをすぐさま捕まえ、
チケットを見せると、案の定、
隣のターミナルを案内されました。

徒歩で移動してきたことで
初めに見えた建物に入って
目の前に見えたライアンエアの
カウンターへ飛びついたけど、
奥に別のターミナルもありました。
うーん、ちゃんと冷静に
確認すべきだった…と反省。

さらにそこでビザチェックを受けようとすると
今回は必要ないとのことで無駄足に。
シェンゲン協定国間の移動だったら
いらないんだっけ…?
プリントアウトしたチケットに
必要だって書いてあった気がしたけど
違ってた?
旅の終盤、だんだん確認も大雑把になって
勉強不足がちになるも
それに反比例して
「なんとかなる」という変な自信が
ついてきたことが、
小心者の私にはちょっと
嬉しかったりもするのでした。

ということであとは
搭乗を待つのみとなり
朝ごはんタイム。

フランスの最後の食事はPAULに。

バターたっぷりの大きなプルミエパイと
コーヒー。
やっぱりサクサク感は
期待を裏切りません。
最後に食べられてよかった!

まもなく搭乗時刻になり
この旅、最後の国ポーランドへと飛び立ちました。

窓の外のまぶしい太陽が
旅の最後の国へ向け、
フィナーレを素敵なものに演出してくれている…

と、前向きに捉え
帰国が迫る寂しい気持ちをかき消しながら
まだまだ旅を満喫します。

ポーランドはクラクフ空港に到着し、
ここからカトヴィツへバス移動。
カトヴィツェからは列車で移動し、
試合開始1時間前になんとか
ザビエルチェへたどり着きました。

さて、そのザビエルチェ。
行ってみたら入り口付近が大賑わい。
開場時間過ぎて、
ちょうど流れているところなのか…
にしてもごちゃごちゃしてて
チケット売り場が分からない…

大抵、入口の近くにチケット売り場があり、
そこに当日券を求める人の姿があるはず…
という先入観で周囲をうろうろして探しますが
なかなかそれらしい建物が見つかりません。

これは聞いてみるべし!
とファミリーらしき一軍に聞いてみると
入口で聞いてとのこと。

ごちゃごちゃの群衆に混ざり
なんとかたどり着いた入口。
そこでスタッフのお姉さんに尋ねると
まさかまさかの…

完売

・・・

ここへきて最悪の事態が待っていました。

61へつづく…

投稿者:

2017/18欧州11ヶ国+ブラジル観戦旅24~ベウハトゥフからトレントへ

これまでの経験上
旅を始めて疲れが出始めるのが
3週間経ったころ…。
そのタイミングで観戦や観光から離れて
自宅にいるように民泊で
体を休められたのは
ちょうど良かったのかもしれません。
パワー充電!
そして、ツアー再開!!

早朝5:30にベウハトゥフのマンションを発ち
大移動の一日が始まりました。

今回はフライト1便
ワルシャワからヴェローナ。
一見、単純な移動に見えて、
結構フクザツ…

ベウハトゥフーウッチは路線バス
ウッチーワルシャワ空港は高速バス
ワルシャワ空港ーヴェローナ空港は飛行機
ヴェローナ空港ーヴェローナ駅は路線バス
ベローナ駅ートレント駅は列車。

でも、これで合計約5000円。
何度も言いますがLCC様様!

それにLCCだって関係なく
プライオリティパスを持っていれば
空港のラウンジを利用でき
無料のごはんが食べられます。

しかもショパン空港の国際線では
スープやキッシュ、サラダなど
レベルが高い!
丸2日、外食から離れていたので
久しぶりに人様の作った
美味しい料理に舌鼓を打ちました。

ショパン空港からということで
今回はWizzエア。
モドリン空港からのRayanエアも
イタリアへ行くのに度々使いますが、
こっちの方が荷物の心配が少ない…

Rayanは機内持ち込みスーツケース一個に
ハンドバッグを持ち込めますが、
WizzはそれがNG。
よってハンドバッグも
スーツケースに押し込まねばなりません。
試しに別で持ち込もうとしたら
案の定、指摘を受けました。
余分なお金を払いたくないので
ロビーで必死に詰め込み
パンパンのスーツケースを持って
搭乗するハメに。
多分、重量オーバーしてるな…。
(2018年1月当時の情報なので、
以降、規定が変更になっているかもしれません)。

そんな重い重いスーツケースを
自分の身長よりも
高いもの入れに入れるなんて
不可能に近い…

でも、入れねば!

と、そこへ現れたのが
長身のすらりとした女の子。
見かけによらず力持ちの彼女のおかげで
かなりの重労働にもかかわらず
無事に頭上の物入に収納されました。

イタリアへ勉強しに行くところだという彼女。
宗教について学んでいるそうで、
ユダヤ教についてのことを語ってくれました。
私はバレーを見に行くと説明。
隣り合わせの席からの縁が
ヴェローナ空港到着後も続き、
共に路線バスでヴェローナ駅まで。
そこでお別れしました。

そして、私は列車で北上
一時間でトレント到着!!

ギリギリ日が沈む一歩手前。
明るいうちにホステルへとたどり着きました。

25へつづく…